お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-18 16:00
VANETにおけるTDMAベースMACプロトコルVeMACの改良
川上智恭鎌倉浩嗣千葉工大ITS2014-32
抄録 (和) 本稿ではスループットを増加させるために改良型VeMACを提案する.改良型VeMACでは,従来のVeMACで使用されるヘッダ中の各タイムスロットのIDフィールドにコリジョンフラグを追加する.衝突を検出したノードは,IDフィールドをそのままにし,コリジョンフラグをセットし,自身が獲得したタイムスロット時間の際にヘッダとして送信する.他ノードはコリジョンフラグにより,各タイムスロットで衝突があったかどうか認識する.衝突に関与したノードは,IDフィールドの値が自ノードである場合,自身が衝突発生前からそのタイムスロットを使用していたと見なし,当該タイムスロットを使用し続ける.逆に,IDフィールドのIDと一致しないノードは,自身がそのタイムスロットを使用していなかったと見なす.すなわち,そうしたノードは当該タイムスロットを解放し,新たにタイムスロットの獲得を開始する.改良型VeMACによれば,従来のように衝突に関与したすべてのノードが衝突後にタイムスロットを解放せず,1つのノードは当該スロットを使用させ続けることができることから,従来のVeMACに比べて,混合衝突後のアクセス衝突の発生確率を削減することができる.シミュレーション結果より改良型VeMACは従来のVeMACと比較して平均衝突数とスループットを改善させることができることを示す. 
(英) This paper proposes a modified version of vehicular ad hoc network media access control (VeMAC) protocol for further increasing throughput. In the modified VeMAC, an additional bit is appended to the field for each time slot in the header used in VeMAC as the collision flag. Upon detecting a collision for a time slot, a node sets the collision flag for that time slot without changing the ID field and sends its packet in its acquired time slot. By receiving the packet with the collision flag, nodes notice a collision happen in the time slot. One of the nodes involved in the collision knows from its ID field that it is the node itself and therefore it continues to use the time slot. The other nodes recognize themselves as nodes that should not use the time slot, because their ID is not included in its ID field of the packet. Consequently, they release the time slot and begin by acquiring new time slots. Since not all nodes involved in the collision release the time slot in our modified VeMAC, the possibility that access collisions following the merging collision happen is reduced, compared to the original one. Simulation results show that our modified one outperforms the original one in terms of the average number of collisions and throughput.
キーワード (和) Vehicular Ad Hoc Networks(VANET) / 時分割多元接続(TDMA) / メディアアクセス制御(MAC) / ADHOC MAC / VeMAC / 高度交通システム(ITS) / /  
(英) Vehicular Ad Hoc Networks (VANET) / Time Division Multiple Access (TDMA) / Media Access Control (MAC) / ADHOC MAC / VeMAC / Intelligent Transport System (ITS) / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 369, ITS2014-32, pp. 69-74, 2014年12月.
資料番号 ITS2014-32 
発行日 2014-12-11 (ITS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2014-32

研究会情報
研究会 WBS ITS  
開催期間 2014-12-18 - 2014-12-19 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto University 
テーマ(和) ITS通信,ポスター講演,一般 
テーマ(英) ITS Communications, Poster, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2014-12-WBS-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) VANETにおけるTDMAベースMACプロトコルVeMACの改良 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Modification of TDMA-Based MAC Protocol VeMAC for Vehicular Ad Hoc Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Vehicular Ad Hoc Networks(VANET) / Vehicular Ad Hoc Networks (VANET)  
キーワード(2)(和/英) 時分割多元接続(TDMA) / Time Division Multiple Access (TDMA)  
キーワード(3)(和/英) メディアアクセス制御(MAC) / Media Access Control (MAC)  
キーワード(4)(和/英) ADHOC MAC / ADHOC MAC  
キーワード(5)(和/英) VeMAC / VeMAC  
キーワード(6)(和/英) 高度交通システム(ITS) / Intelligent Transport System (ITS)  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川上 智恭 / Tomotaka Kawakami / カワカミ トモタカ
第1著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌倉 浩嗣 / Koji Kamakura / カマクラ コウジ
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-18 16:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2014-32 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.369 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2014-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会