お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-18 17:00
[奨励講演]IR-UWB測位技術を用いた屋内ナビゲーションシステムに関する検討
加川敏規李 還幇三浦 龍NICTWBS2014-50
抄録 (和) 近年,マーケティングやショッピング,防犯などの分野において屋内測位技術に関する関心が高まっており,Wi-Fi測位,IMES(Indoor MEssaging System),iBeaconなどの屋内測位方式が広く研究されている.本研究では,IR-UWB(Impulse Radio Ultra-Wideband)を用いた屋内測位方式を検討している.本方式はTOA(Time of Arrival)による測距および測位を採用しており,他の屋内測位技術と比較して測位精度が高いという特徴がある.本稿では,IR-UWBを用いた測距・測位の基本構成および特性を示し,測距結果の誤差(ばらつき)の要因となる事象について考察する.さらに,より実環境に近い状況下での実験を通して誤差要因の発生条件について検討し,測距結果を安定させるための方策について述べる.終わりに,本方式を社会実装するための今後の展望について述べる. 
(英) Demands for indoor-positioning or indoor-navigation are increasing in many fields such as marketing, shopping, industries, and anticrime applications recently. In this research, indoor-positioning method using IR-UWB (Impulse Radio Ultra-Wideband) are considered. This method adopts TOA (Time of Arrival) distance surveying, and it has high precision superior to other positioning methods such as Wi-Fi positioning, IMES (Indoor MEssaging System), and iBeacon. In this paper, we illustrate configuration of IR-UWB positioning and characteristics. Then, we analyze the cause of positioning variance via almost practical condition experiment, and take measures to prevent positioning variance. Finally, we describe future plans of practical applications.
キーワード (和) IR-UWB / 屋内測位 / 屋内ナビゲーション / / / / /  
(英) IR-UWB / Indoor Positioning / Indoor Navigation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 368, WBS2014-50, pp. 59-63, 2014年12月.
資料番号 WBS2014-50 
発行日 2014-12-11 (WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2014-50

研究会情報
研究会 WBS ITS  
開催期間 2014-12-18 - 2014-12-19 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto University 
テーマ(和) ITS通信,ポスター講演,一般 
テーマ(英) ITS Communications, Poster, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2014-12-WBS-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IR-UWB測位技術を用いた屋内ナビゲーションシステムに関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Indoor Navigation System Using IR-UWB 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IR-UWB / IR-UWB  
キーワード(2)(和/英) 屋内測位 / Indoor Positioning  
キーワード(3)(和/英) 屋内ナビゲーション / Indoor Navigation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加川 敏規 / Toshinori Kagawa / カガワ トシノリ
第1著者 所属(和/英) 独立行政法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 還幇 / Huan-Bang Li / リ カンホウ
第2著者 所属(和/英) 独立行政法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 龍 / Ryu Miura / ミウラ リュウ
第3著者 所属(和/英) 独立行政法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-18 17:00:00 
発表時間 50 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2014-50 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.368 
ページ範囲 pp.59-63 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WBS-2014-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会