電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-18 16:20
[依頼講演]C-RANフロントホール伝送の効率化
難波 忍縣 亮林 高弘KDDI研NS2014-154 RCS2014-239
抄録 (和) スマートフォンやタブレット端末の普及により,モバイルデータ通信量が増加している.増え続けるモバイルデータトラヒックを収容するためには,新しい周波数を開拓するか,セルを小さくし,周波数の繰り返し利用により,容量を増やすかのどちらかである.高い周波数の基地局を用いると,基地局がカバーするエリアは小さくなるため,小セル構成で,面的なエリアを確保するためには,マクロセルと小セルを併用するヘテロジニアスネットワーク構成が必要となる.本稿では,ミリ波などの高い周波数の小セルを用いたヘテロジニアスネットワークを効率的に運用するためのC-RANアーキテクチャについて述べ,これを実現するフロントホール回線の課題と,その課題を解決するための一例として著者らが提案したフロントホール回線のデータ圧縮技術を紹介する. 
(英) Due to a rise of both smartphones and tablets, mobile data traffic has been increasing rapidly. It is required to pioneer higher radio frequency and/or to reduce cell coverage per base station and deploy a large number of base stations per area so as to increase cellular system capacity per area to accommodate increasing mobile traffic demands. When higher frequency is used, cell coverage decreases. Not only small cells but also macro cells are essential to provide seamless radio communication. Then, heterogeneous networks, which small cells are unevenly distributed in a macro cell are required. First of all, a centralized radio access network (C-RAN) architecture is introduced with MiWEBA project (“Millimetre-Wave Evolution for Backhaul and Access”), in which millimeter-wave ultra-broadband base stations are introduced and embedded into the cellular eco-system. Then, some issues to realize C-RAN fronthaul links are discussed. Finally, a proposed data compression scheme is introduced as an example to solve them.
キーワード (和) C-RAN / フロントホール / データ圧縮 / MiWEBA / / / /  
(英) C-RAN / Fronthaul / Data compression / MiWEBA / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 372, RCS2014-239, pp. 115-120, 2014年12月.
資料番号 RCS2014-239 
発行日 2014-12-11 (NS, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2014-154 RCS2014-239

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2014-12-18 - 2014-12-19 
開催地(和) 伊勢市観光文化会館(三重) 
開催地(英) Iseshi-Kanko-Bunka-Kaikan (Mie) 
テーマ(和) マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証/無線VoIP,一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2014-12-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) C-RANフロントホール伝送の効率化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Efficient Transmission Scheme for C-RAN Fronthaul link 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) C-RAN / C-RAN  
キーワード(2)(和/英) フロントホール / Fronthaul  
キーワード(3)(和/英) データ圧縮 / Data compression  
キーワード(4)(和/英) MiWEBA / MiWEBA  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 難波 忍 / Shinobu Nanba / ナンバ シノブ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc., (略称: KDDI labs)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 縣 亮 / Akira Agata / アガタ アキラ
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc., (略称: KDDI labs)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 高弘 / Takahiro Hayashi / ハヤシ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc., (略称: KDDI labs)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-18 16:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-NS2014-154,IEICE-RCS2014-239 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.371(NS), no.372(RCS) 
ページ範囲 pp.43-48(NS), pp.115-120(RCS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2014-12-11,IEICE-RCS-2014-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会