お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-17 13:50
宿泊施設のリニューアルを指向した宿泊施設評判分析システムの構築
門田拓真竹内孔一岡山大NLC2014-41
抄録 (和) 宿泊施設のリニューアルにおいて顧客の評価を把握することは重要である.本研究ではWeb上の宿泊施設評価データを使用し顧客の満足点,不満点などを抽出することを目的とする.評価データに極性を付与するために宿泊施設に分野依存した極性辞書を文脈一貫性を利用して生成する.実験ではWeb上の宿泊施設評価データ12万件から生成した極性辞書約4000語を人手で評価した結果を報告する.さらに,極性辞書を用いて「部屋」,「食事」など項目に合わせた評価データに極性を付与し表示するシステムについて報告する. 
(英) On the Web, there is an enormous quantity of hotel reviews data.The data can be effective for refurbishing hotel.And so, we constructed hotel review analyzing system.It is the system which extracts and evaluate polarity the data containing a keyword such as ``room'' and ``meal''.Also the system displays the data.In order to evaluate review data, we make the polarity dictionary that is dependent on the hotel field by using context coherence.In experiments report the results of evaluation of review data and evaluation of polarity dictionary by manpower.
キーワード (和) 極性辞書 / 文脈一貫性 / / / / / /  
(英) polarity dictionary / context coherence / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 366, NLC2014-41, pp. 99-104, 2014年12月.
資料番号 NLC2014-41 
発行日 2014-12-09 (NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLC2014-41

研究会情報
研究会 NLC IPSJ-NL SP IPSJ-SLP JSAI-SLUD  
開催期間 2014-12-15 - 2014-12-17 
開催地(和) 東工大(すずかけ台) 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology (Suzukakedai Campus) 
テーマ(和) 第6回集合知シンポジウム 
テーマ(英) The 6th Symposium on Collective Knowlege 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLC 
会議コード 2014-12-NLC-NL-SP-SLP-SLUD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 宿泊施設のリニューアルを指向した宿泊施設評判分析システムの構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Construction of Hotel Review Analyzing System for Helping Hotel Refurbishment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 極性辞書 / polarity dictionary  
キーワード(2)(和/英) 文脈一貫性 / context coherence  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 門田 拓真 / Takuma Monden / モンデン タクマ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 孔一 / Koichi Takeuchi / タケウチ コウイチ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-17 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLC 
資料番号 IEICE-NLC2014-41 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.366 
ページ範囲 pp.99-104 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLC-2014-12-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会