電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-16 13:40
くすりのしおりを用いた医薬品の副作用推測手法の提案
横川和也木村昌臣大倉典子芝浦工大)・土屋文人国際医療福祉大SSS2014-19
抄録 (和) 医療従事者は患者に生じた副作用を適切に推測する必要があり,その手段として医薬品添付文書を用いることが挙げられる.医薬品添付文書とは製薬会社が発行している公式の医薬品説明書である.また,副作用を推測する情報として,患者による症状の説明も重要である.しかし,問題として医薬品添付文書の記述と患者の説明の間にはセマンティックギャップが存在する.そこで本研究では,セマンティックギャップを埋めるために、くすりのしおりとトピックマップのデータ構造を用いる.そして,くすりのしおりから副作用に関する情報を抽出し,患者の症状説明と対応付け,対応関係を表現したトピックマップを構築する方法を提案する.また、対応付けるために患者の症状説明を表現する情報として3つの要素を定義し用いた. 
(英) Medical experts need to properly identify the adverse effects. One may consider reading of package inserts is helpful, since they are sole authorized documents. Moreover, in order to identify the adverse effect, patients’ explanation about what they feel are usually helpful. However, the problem is that there is an semantic gap between patients’ explanation and descriptions about adverse effects in package inserts. In this study, we utilize information in drug information sheets and techniques of topic maps. We propose the method to extract adverse effect information from drug information sheets, to associate it with patients’ explanation, and to create a database which has the topic map structure. We assume three elements to describe both patients’ symptom explanations and initial symptom descriptions in drug information sheets.
キーワード (和) セマンティックギャップ / くすりのしおり / 副作用 / トピックマップ / / / /  
(英) Semantic Gap / Drug Information Sheet / Adverse Effect / Topic Map / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 364, SSS2014-19, pp. 5-8, 2014年12月.
資料番号 SSS2014-19 
発行日 2014-12-09 (SSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SSS2014-19

研究会情報
研究会 SSS  
開催期間 2014-12-16 - 2014-12-16 
開催地(和) 芝浦工大 
開催地(英) Shibaura Institute of Technology 
テーマ(和) 医療安全を主として 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SSS 
会議コード 2014-12-SSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) くすりのしおりを用いた医薬品の副作用推測手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of the Method to Identify Adverse Effects Based on Topic Maps 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) セマンティックギャップ / Semantic Gap  
キーワード(2)(和/英) くすりのしおり / Drug Information Sheet  
キーワード(3)(和/英) 副作用 / Adverse Effect  
キーワード(4)(和/英) トピックマップ / Topic Map  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 横川 和也 / Kazuya Yokokawa / ヨコカワ カズヤ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 昌臣 / Masaomi Kimura / キムラ マサオミ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大倉 典子 / Michiko Ohkura / オオクラ ミチコ
第3著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 土屋 文人 / Fumito Tsuchiya / ツチヤ フミト
第4著者 所属(和/英) 国際医療福祉大学 (略称: 国際医療福祉大)
International University of Health and Welfare (略称: IUHW)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-16 13:40:00 
発表時間 40 
申込先研究会 SSS 
資料番号 IEICE-SSS2014-19 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.364 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SSS-2014-12-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会