お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-13 13:00
臨床工学技士教育のための人工呼吸器トレーニングシステム(VTS)の評価
工藤元嗣北海道科学大)・守田憲崇北里大)・渡邉翔太郎相川武司北海道科学大)・加川宗芳小山有基吉田学園医療歯科専門学校)・小鷹丈彦北海道ハイテクノロジー専門学校)・菅原俊継黒田 聡木村主幸有澤準二北海道科学大MBE2014-82
抄録 (和) 臨床工学技士教育課程(養成課程)で行う人工呼吸療法について教育向上のため,実際に体感することで習得できる人工呼吸器トレーニングシステム(VTS)の開発を行った.ここではVTSの教育効果を検証する目的で,3年制の養成課程において人工呼吸療法に関する座学及び実技教育を修了した学生21名を対象に,本システムを用いたシナリオトレーニングを行った.トレーニング前後で人工呼吸療法に関する筆記試験を行い,結果を統計的に比較することでシステムの教育効果を検討した.全ての対象学生において得点が向上し,平均値でも最初の71.67±17.88点から95.86±6.37点と有意に上がった.この研究より,VTSを用いたシナリオトレーニングを実施することで,人工呼吸療法における高い教育効果が得られることがわかった. 
(英) The purpose of this study was to plenitude of respiratory therapy education on clinical engineer school curriculum( school curriculum) developed by a ventilator system (VTS). Subjects were 21 students, who passed through practical and classroom lecture in relation to respiratory therapy in three-year college. We performed scenario training of VTS on students. Students had tests before or after of scenario training of VTS. After that, we compared by statistical analysis results of the test, and discussed the educational effect of VTS. As a result, test scores were improved in all subjects. In addition, average score of the test was significant improvement from 95.86±6.37 to 71.67±17.88. In this study, we showed that students got high effects of education on respiratory therapy with scenario training of VTS in school curriculum. Therefore, the scenario training of VTS is useful for high-quality respiratory therapy educational programs.
キーワード (和) 臨床工学技士 / 人工呼吸器 / 教育 / 養成課程 / / / /  
(英) clinical engineer / ventilator / Survey / clinical engineering course / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 361, MBE2014-82, pp. 45-49, 2014年12月.
資料番号 MBE2014-82 
発行日 2014-12-06 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2014-82

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2014-12-13 - 2014-12-13 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya University 
テーマ(和) ME、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2014-12-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 臨床工学技士教育のための人工呼吸器トレーニングシステム(VTS)の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of ventilator training system (VTS) for students in clinical engineering course 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 臨床工学技士 / clinical engineer  
キーワード(2)(和/英) 人工呼吸器 / ventilator  
キーワード(3)(和/英) 教育 / Survey  
キーワード(4)(和/英) 養成課程 / clinical engineering course  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 工藤 元嗣 / Mototsugu Kudou / クドウ モトツグ
第1著者 所属(和/英) 北海道科学大学 (略称: 北海道科学大)
Hokkaidou University of Science (略称: HUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 守田 憲崇 / Noritaka Mamorita / マモリタ ノリタカ
第2著者 所属(和/英) 北里大学 (略称: 北里大)
Kitasato University (略称: Kitasato Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 翔太郎 / Shotaro Watanabe / ワタナベ ショウタロウ
第3著者 所属(和/英) 北海道科学大学 (略称: 北海道科学大)
Hokkaidou University of Science (略称: HUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 相川 武司 / Takeshi Aikawa / アイカワ タケシ
第4著者 所属(和/英) 北海道科学大学 (略称: 北海道科学大)
Hokkaidou University of Science (略称: HUS)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 加川 宗芳 / Muneyoshi Kagawa / カガワ ムネヨシ
第5著者 所属(和/英) 吉田学園医療歯科専門学校 (略称: 吉田学園医療歯科専門学校)
Yoshida Medical and Dental College (略称: Yoshida Med-Dent.Coll.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山 有基 / Yuki Koyama / コヤマ ユウキ
第6著者 所属(和/英) 吉田学園医療歯科専門学校 (略称: 吉田学園医療歯科専門学校)
Yoshida Medical and Dental College (略称: Yoshida Med-Dent.Coll.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 小鷹 丈彦 / Tomohiko Kotaka / コタカ トモヒコ
第7著者 所属(和/英) 北海道ハイテクノロジー専門学校 (略称: 北海道ハイテクノロジー専門学校)
Hokkaido High-Technology College (略称: Hokkaido High-Technol. Coll.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅原 俊継 / Toshitsugu Sugawara / スガワラ トシツグ
第8著者 所属(和/英) 北海道科学大学 (略称: 北海道科学大)
Hokkaidou University of Science (略称: HUS)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒田 聡 / Satoshi Kuroda / クロダ サトシ
第9著者 所属(和/英) 北海道科学大学 (略称: 北海道科学大)
Hokkaidou University of Science (略称: HUS)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 主幸 / Kazuyuki Kimura / キムラ カズユキ
第10著者 所属(和/英) 北海道科学大学 (略称: 北海道科学大)
Hokkaidou University of Science (略称: HUS)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 有澤 準二 / Junji Arisawa / アリサワ ジュンジ
第11著者 所属(和/英) 北海道科学大学 (略称: 北海道科学大)
Hokkaidou University of Science (略称: HUS)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-13 13:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2014-82 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.361 
ページ範囲 pp.45-49 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MBE-2014-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会