お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-12 11:30
色属性による物体特定のための顕著性
小篠裕子榎並直子有木康雄神戸大PRMU2014-79
抄録 (和) 少子高齢化社会を見据え,家庭用サービスロボットを家庭に導入することが検討されている.
家庭用サービスロボットが人に指示された物体を複数の物体の中から特定するタ
スクは重要なタスクのひとつである.人は物体を,物体名や色などの属性を用いて物体を
指示するだろう.物体名に基づいた物体の特定手法は多数提案されているが,色属性を用いた
物体の特定手法は未だ十分に議論されていない.本論文では,色属性を用いた物体の特定
手法を提案する.色属性に基づいた顕著性を検出し,物体の特定を行う. 
(英) In an aging society, a service robot will come into our life. It is important for the robot to identify
an object specified by human speech from several objects.
Human may request an object for the robot by its name, and/or color attribute etc..
Although there are some research about the method for the object identification based on its
name, the object identification based on its color attribute is not discussed enough. In this paper,
we propose a method for the object identification using the color attribute. The proposed method
detects a saliency based on the color attributes, and the saliency is used for the identification.
キーワード (和) 物体特定 / 顕著性 / 属性 / / 部分空間 / / /  
(英) object identification / saliency / attribute / color / subspace / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 356, PRMU2014-79, pp. 79-83, 2014年12月.
資料番号 PRMU2014-79 
発行日 2014-12-04 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2014-79

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2014-12-11 - 2014-12-12 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 新メディア,および安心・安全社会に寄与するパターン認識 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2014-12-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 色属性による物体特定のための顕著性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Saliency for Object Identification Based on Color Attribute 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 物体特定 / object identification  
キーワード(2)(和/英) 顕著性 / saliency  
キーワード(3)(和/英) 属性 / attribute  
キーワード(4)(和/英) / color  
キーワード(5)(和/英) 部分空間 / subspace  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小篠 裕子 / Yuko Ozasa / オザサ ユウコ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎並 直子 / Naoko Enami / エナミ ナオコ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 有木 康雄 / Yasuo Ariki / アリキ ヤスオ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-12 11:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2014-79 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.356 
ページ範囲 pp.79-83 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-PRMU-2014-12-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会