お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-05 13:00
[招待講演]Lyndon木による連の特徴付け
坂内英夫九大)・井 智弘ドルトムント工大)・稲永俊介中島祐人竹田正幸鶴田和弥九大COMP2014-35
抄録 (和) 文字列中の極大な周期的部分区間がその最小周期の2倍以上の長さを持つとき,その区間を連と呼ぶ.文字列に含まれる連の構造は文字列中の任意の連続した部分文字列の繰り返しを捉える重要な文字列の特徴である.本講演では Lyndon 語の再帰的な標準分解によって定義される Lyndon 木による連の新しい特徴付けを紹介する.この特徴付けに基づき,長さ $n$ の文字列に含まれる連の最大数 $rho(n)$ の線形性について極めて簡潔な新しい証明,現在知られている $rho(n)$ の最良の上界,さらには,文字列中に含まれるすべての連を求める新しい線形時間アルゴリズムが得られる.得られたアルゴリズムは文字列の Lempel-Ziv 分解に依存しないという点で既存のすべてのアルゴリズムと異なる. 
(英) A run is a maximal periodic sub-interval of a string, that is at least as long as twice its smallest period. Runs are important characteristics of strings since they essentially capture all consecutive repeats of a substring in a string. In this talk, we introduce a new characterization of runs in strings using a tree defined on recursive standard factorizations of Lyndon words, called the Lyndon tree. The characterization leads to a remarkably simple novel proof of the linearity of the maximum number of runs $rho(n)$ in a string of length $n$, as well as the best known upper bound for $rho(n)$. The proof also gives rise to a new, conceptually simple linear-time algorithm for computing all the runs in a string. A notable characteristic of our algorithm is that, unlike all existing linear-time algorithms, it does not utilize the Lempel-Ziv factorization of the string.
キーワード (和) / Lyndon 木 / / / / / /  
(英) runs / Lyndon Tree / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 352, COMP2014-35, pp. 21-21, 2014年12月.
資料番号 COMP2014-35 
発行日 2014-11-28 (COMP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード COMP2014-35

研究会情報
研究会 COMP  
開催期間 2014-12-05 - 2014-12-05 
開催地(和) 崇城大学 
開催地(英) Sojo University 
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 COMP 
会議コード 2014-12-COMP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Lyndon木による連の特徴付け 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A new characterization of maximal repetitions by Lyndon trees 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / runs  
キーワード(2)(和/英) Lyndon 木 / Lyndon Tree  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂内 英夫 / Hideo Bannai / バンナイ ヒデオ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井 智弘 / Tomohiro I / イ トモヒロ
第2著者 所属(和/英) ドルトムント工科大学 (略称: ドルトムント工大)
Technical University of Dortmund (略称: TU Dortmund)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲永 俊介 / Shunsuke Inenaga / イネナガ シュンスケ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 祐人 / Yuto Nakashima / ナカシマ ユウト
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹田 正幸 / Masayuki Takeda / タケダ マサユキ
第5著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 鶴田 和弥 / Kazuya Tsuruta / ツルタ カズヤ
第6著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-05 13:00:00 
発表時間 40 
申込先研究会 COMP 
資料番号 IEICE-COMP2014-35 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.352 
ページ範囲 p.21 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-COMP-2014-11-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会