電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-04 11:20
最大電力点追従問題を解くための人工蜂コロニー最適化手法
小島理孝中野秀洋宮内 新東京都市大NLP2014-110
抄録 (和) 太陽光発電システムでは,出力電力値を最大化するような動作点を得ることが求められる.
しかし,この動作点は日射量や温度などの状況に応じて動的に変化する.
このため,この問題はある種の動的最適化問題とみなすことができる.
この問題の解法として,メモリ機構を有する人工蜂コロニー最適化手法を適用する.
提案手法と従来手法を数値実験を行うことによって比較し,
提案手法が,得られる出力電力値や計算コストの面で,従来手法よりも優れていることを示す. 
(英) In the photovoltaic power generation systems,
it is required that an operating point to maximize the output power value is obtained.
However, this operating point dynamically changes
depending on the status such as solar radiation intensity and temperature.
Therefore, this problem can be regarded as a kind of dynamic optimization problems.
As a method to solve this problem, an artificial bee colony algorithm with a memory scheme is applied.
The proposed and conventional methods are compared by performing the numerical experiments.
Then, it is shown that the proposed method is more superior than the conventional method,
from the viewpoints of obtained output power values and calculation cost.
キーワード (和) 最適化 / 人工蜂コロニー / 動的最適化問題 / 最大電力点追従 / / / /  
(英) Optimization / Artificial Bee Colony / Dynamic Optimization Problems / Maximum Power Point Tracking / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 348, NLP2014-110, pp. 63-68, 2014年12月.
資料番号 NLP2014-110 
発行日 2014-11-26 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2014-110

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2014-12-03 - 2014-12-04 
開催地(和) 京都大学 東京オフィス 
開催地(英) Kyoto Univ. Tokyo Office 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2014-12-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 最大電力点追従問題を解くための人工蜂コロニー最適化手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An artificial bee colony optimization algorithm for solving maximum power point tracking problems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 最適化 / Optimization  
キーワード(2)(和/英) 人工蜂コロニー / Artificial Bee Colony  
キーワード(3)(和/英) 動的最適化問題 / Dynamic Optimization Problems  
キーワード(4)(和/英) 最大電力点追従 / Maximum Power Point Tracking  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小島 理孝 / Masataka Kojima / コジマ マサタカ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 秀洋 / Hidehiro Nakano / ナカノ ヒデヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮内 新 / Arata Miyauchi / ミヤウチ アラタ
第3著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-04 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2014-110 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.348 
ページ範囲 pp.63-68 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2014-11-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会