お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-04 11:55
Duffing方程式における安定周期振動の分岐回避
大津智弘・○藤本憲市上田哲史徳島大)・合原一幸東大NLP2014-111
抄録 (和) 著者らは,動的システムにみられる極限集合の位相的性質が解軌道のリアプノフ指数によって特徴付けられることに着目し,離散時間力学系における安定な固定点や周期点の分岐を回避するためのパラメータ制御法を提案している.この制御法は,最大局所リアプノフ指数に基づく評価関数の最適化問題と最急降下法から導出され,解の分岐集合を事前に解析することなく,システムパラメータの変化による分岐の発生を予測し回避できるという特長を有する.本報告では,離散時間力学系に対する分岐回避制御法のアイデアを基に,連続時間力学系における解軌道を離散化するためのストロボ写像を用いて,連続時間非自律系における安定周期解に対する分岐回避制御法を提案する.提案法の有効性を例証するため,Duffing方程式における安定周期振動の分岐回避実験結果についても報告する. 
(英) We previously proposed a parametric control method to avoid bifurcations of stable fixed and periodic points in discrete-time dynamical systems. The parameter regulation to avoid bifurcations is derived from an optimization problem on the maximum local Lyapunov exponent and the method of steepest descent. This method allows us to predict occurrence of bifurcations caused by unexpected parameter change and to avoid it without directly analyzing bifurcations in advance. In this report, on the basis of the ideas and a stroboscopic mapping that discretizes the trajectory of a continuous-time solution, we propose a methodology to avoid bifurcations of stable periodic oscillations in continuous-time non-autonomous dynamical systems. We also demonstrate that the proposed method can avoid bifurcations of stable periodic solutions in Duffing equation.
キーワード (和) 最大局所リアプノフ指数 / 安定周期振動 / 分岐回避 / 連続時間非自律系 / ストロボ写像 / / /  
(英) Maximum local Lyapunov exponent / stable periodic oscillation / avoidance of bifurcation / continuous– time non-autonomous dynamical system / stroboscopic mapping / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 348, NLP2014-111, pp. 69-74, 2014年12月.
資料番号 NLP2014-111 
発行日 2014-11-26 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2014-111

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2014-12-03 - 2014-12-04 
開催地(和) 京都大学 東京オフィス 
開催地(英) Kyoto Univ. Tokyo Office 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2014-12-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Duffing方程式における安定周期振動の分岐回避 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Bifurcation Avoidance of Stable Periodic Oscillations in Continuous-Time Duffing Equation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 最大局所リアプノフ指数 / Maximum local Lyapunov exponent  
キーワード(2)(和/英) 安定周期振動 / stable periodic oscillation  
キーワード(3)(和/英) 分岐回避 / avoidance of bifurcation  
キーワード(4)(和/英) 連続時間非自律系 / continuous– time non-autonomous dynamical system  
キーワード(5)(和/英) ストロボ写像 / stroboscopic mapping  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大津 智弘 / Tomohiro Otsu / オオツ トモヒロ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 憲市 / Ken'ichi Fujimoto / フジモト ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 哲史 / Tetsushi Ueta / ウエタ テツシ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 合原 一幸 / Kazuyuki Aihara / アイハラ カズユキ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-04 11:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2014-111 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.348 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2014-11-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会