お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-04 15:15
動きに基づく類似プレイ検索におけるテンプレート長
相田 諒青木恭太宇都宮大CS2014-74 IE2014-60
抄録 (和) 本研究の目的は,映像中の特定のプレイの検索である.本研究では,MPEG-1形式でエンコードされた野球の試合の映像中の動き補償ベクトル情報を利用する.これを1次元に投影することで時空画像を作成する.そして,動画から得た時空画像と検索の基準とする時空画像(テンプレート)とで相関を求め,特定のプレイを検索する.本研究では特にテンプレートの長さに着目して,複数の長さのテンプレートを用いてそれぞれ検索する.方式および実験結果を示す. 
(英) This paper proposes the method to find a similar motion from videos. The method uses only motion compensation vector information extracted from MPEG-1 encoded videos. And the method finds the similar motion in the baseball video. The method creates the space-time map from motion compensation vector information. The space-time map is a thing one-dimensional compressed based on the line information and row information. The method compares a template image and space-time map by the correlation to find the similar motion. Paying attention to the length of a template, this paper discusses, the difference of the performances among the templates of various lengths.
キーワード (和) 類似検索 / 時空画像 / 動き補償 / 相関 / テンプレート長 / / /  
(英) play estimation / space-time map / motion compensation vector / correlation / template length / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 350, IE2014-60, pp. 25-30, 2014年12月.
資料番号 IE2014-60 
発行日 2014-11-27 (CS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CS2014-74 IE2014-60

研究会情報
研究会 IPSJ-AVM CS IE ITE-BCT  
開催期間 2014-12-04 - 2014-12-05 
開催地(和) 大阪大学 中之島センター 
開催地(英) Osaka University Nakanoshima Center 
テーマ(和) 画像符号化,通信・ストリーム技術,一般 
テーマ(英) Image Coding, Streaming, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2014-12-AVM-CS-IE-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 動きに基づく類似プレイ検索におけるテンプレート長 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Template Length in Similar Play Retrieval based on Motions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 類似検索 / play estimation  
キーワード(2)(和/英) 時空画像 / space-time map  
キーワード(3)(和/英) 動き補償 / motion compensation vector  
キーワード(4)(和/英) 相関 / correlation  
キーワード(5)(和/英) テンプレート長 / template length  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 相田 諒 / Ryo Aita / アイタ リョウ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 恭太 / Kyota Aoki / アオキ キョウタ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-04 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-CS2014-74,IEICE-IE2014-60 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.349(CS), no.350(IE) 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2014-11-27,IEICE-IE-2014-11-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会