お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-02 10:45
単眼性輪郭情報が両眼立体視に及ぼす影響
石井雅博安岡晶子札幌市大HIP2014-74
抄録 (和) 本研究では,ランダムドットステレオグラムでの奥行き知覚を調べた.両眼網膜像差を与えるターゲット領域をダイナミックランダムノイズで描画した刺激を用いて図地分離を行い,奥行き検出閾値を計測した.この刺激の背景は通常のランダムドットステレオグラムであり,ターゲット領域は時間的にドット配置が変わる動的ランダムドットステレオグラムであった.実験の結果,図地分離様態のランダムドットステレオグラムでターゲットの奥行きを検出する閾値は,通常のランダムドットステレオグラムのそれよりも低くなることが分かった. 
(英) Effect of monocular contour cue on binocular stereopsis was investigated using random dot stereogram. We showed a target region, where binocular disparity was given, as a patch of dynamic random noise. The target was segregated from background area that was a static random dot noise. Our result indicates that disparity threshold to perceive depth from such a stimulus is smaller than that from normal stereogram.
キーワード (和) 両眼立体視 / 図地分離 / 主観的輪郭 / / / / /  
(英) Binocular stereopsis / figure ground segregation / subjective contour / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 347, HIP2014-74, pp. 37-40, 2014年12月.
資料番号 HIP2014-74 
発行日 2014-11-24 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2014-74

研究会情報
研究会 HIP ITE-CE ITE-HI  
開催期間 2014-12-01 - 2014-12-02 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所 
開催地(英) Research Institute of Electrical Communication, Tohoku University 
テーマ(和) マルチモーダル・視知覚とその応用および感性情報処理の基礎と応用 
テーマ(英) multimodal, visual perception, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2014-12-HIP-CE-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 単眼性輪郭情報が両眼立体視に及ぼす影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of monocular contour cue on binocular stereopsis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 両眼立体視 / Binocular stereopsis  
キーワード(2)(和/英) 図地分離 / figure ground segregation  
キーワード(3)(和/英) 主観的輪郭 / subjective contour  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 雅博 / Masahiro Ishii / イシイ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 札幌市立大学 (略称: 札幌市大)
Sapporo City University (略称: Sapporo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安岡 晶子 / Akiko Yasuoka / ヤスオカ アキコ
第2著者 所属(和/英) 札幌市立大学 (略称: 札幌市大)
Sapporo City University (略称: Sapporo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-02 10:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2014-74 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.347 
ページ範囲 pp.37-40 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-HIP-2014-11-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会