お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-01 14:00
ランダムドット面上における動的輝度変化領域の見かけの奥行き
安岡晶子石井雅博札幌市大HIP2014-68
抄録 (和) 運動情報と静止情報の異なる特性が併存することで,両領域の間に奥行き知覚が生じるかについて検討した.静止したドット図形の中央領域だけ,ドット配置がランダムに切り替わる刺激図形を提示し,中央領域の奥行きの見えを調べた.その結果,ダイナミックランダムドットである中央領域は,周囲の静止したランダムドットの奥行きに対して,奥側に知覚されることが示された.またその知覚量は,両眼視差0.5から1分程度の奥行きが知覚されていた.この結果は,両眼視差を含まないランダムドット刺激において、運動情報と静止情報が隣接する条件を設けると、奥行きが知覚されることを示唆している. 
(英) We investigated the depth perception from the difference of luminance change between the Static-random dot area and the Dynamic-random dot area for depth perception. As a result, the observer answered it that they saw the D-RDS area near than the S-RDS area when they showed the stimulus without the disparity. This suggested that it perceived depth in the condition that static and dynamic random dot stimulus were displayed at the same time.
キーワード (和) 奥行き知覚 / ダイナミック/ランダムドットステレオグラム / 両眼視差 / / / / /  
(英) Depth perception / Static/Dynamic-random dot stereogram / Binocular disparity / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 347, HIP2014-68, pp. 11-14, 2014年12月.
資料番号 HIP2014-68 
発行日 2014-11-24 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2014-68

研究会情報
研究会 HIP ITE-CE ITE-HI  
開催期間 2014-12-01 - 2014-12-02 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所 
開催地(英) Research Institute of Electrical Communication, Tohoku University 
テーマ(和) マルチモーダル・視知覚とその応用および感性情報処理の基礎と応用 
テーマ(英) multimodal, visual perception, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2014-12-HIP-CE-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ランダムドット面上における動的輝度変化領域の見かけの奥行き 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Perceived depth of dynamic random dot area on static random dot 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 奥行き知覚 / Depth perception  
キーワード(2)(和/英) ダイナミック/ランダムドットステレオグラム / Static/Dynamic-random dot stereogram  
キーワード(3)(和/英) 両眼視差 / Binocular disparity  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安岡 晶子 / Akiko Yasuoka / ヤスオカ アキコ
第1著者 所属(和/英) 札幌市立大学 (略称: 札幌市大)
Sapporo City University (略称: Sapporo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 雅博 / Masahiro Ishii / イシイ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 札幌市立大学 (略称: 札幌市大)
Sapporo City University (略称: Sapporo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-01 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2014-68 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.347 
ページ範囲 pp.11-14 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-HIP-2014-11-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会