お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-01 17:00
全視野空間配置の無意識的学習効果
小林正幸松宮一道栗木一郎塩入 諭東北大HIP2014-72
抄録 (和) 視覚探索課題において、繰り返し呈示される刺激配置は無意識的に学習され、応答時間の短縮をもたらすことが知られている(文脈手がかり効果)。本研究では、視野外の配置手がかりに対する文脈手がかり効果を調べるために、被験者の正面に1つ、背面左右に2つの計3つのディスプレイを用い、3画面にわたる刺激配置の視覚探索実験を行った。配置学習の後に背面の2画面の刺激を入れ替え、探索実験を行った。もし文脈手がかり効果が画面内の局所的な配置の学習であれば、その入れ替えは視覚探索に影響しないはずである。実験結果は学習効果の顕著な低下を示し、文脈手がかり効果は視野内だけでなく視野外の刺激配置についても学習していることが明らかにされた。 
(英) In visual search, stimulus layouts used repeatedly are learned implicitly, facilitating reaction time for target search(contextual cueing effect). In this study, we investigated contextual cueing effect for stimulus layouts presented outside as well as inside the visual field. This experiment used stimulus layouts shown over three displays located at the front, at the left-rear and at the right-rear. After learning repeated layouts, the layouts of the left-rear and right-rear displays are exchanged. No effect of the exchange would be expected if learning of the layouts were limited within a display. However, we found reduction of learning effect for the target presented at the rear displays. This suggests that not only layout information visible simultaneously within the visual field, but also layout information across inside and outside the visual field is learned.
キーワード (和) 無意識学習 / 文脈手がかり効果 / 視野 / / / / /  
(英) Implicit learning / Contextual cueing effect / visual field / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 347, HIP2014-72, pp. 29-32, 2014年12月.
資料番号 HIP2014-72 
発行日 2014-11-24 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2014-72

研究会情報
研究会 HIP ITE-CE ITE-HI  
開催期間 2014-12-01 - 2014-12-02 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所 
開催地(英) Research Institute of Electrical Communication, Tohoku University 
テーマ(和) マルチモーダル・視知覚とその応用および感性情報処理の基礎と応用 
テーマ(英) multimodal, visual perception, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2014-12-HIP-CE-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 全視野空間配置の無意識的学習効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Contextual cueing effect for targets outside the visual field 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無意識学習 / Implicit learning  
キーワード(2)(和/英) 文脈手がかり効果 / Contextual cueing effect  
キーワード(3)(和/英) 視野 / visual field  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 正幸 / Masayuki Kobayashi / コバヤシ マサユキ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松宮 一道 / Kazumichi Matsumiya / マツミヤ カズミチ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗木 一郎 / Ichiro Kuriki / クリキ イチロウ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩入 諭 / Satoshi Shioiri / シオイリ サトシ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-01 17:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2014-72 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.347 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-HIP-2014-11-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会