お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-29 10:55
シーケンスマイニングアルゴリズムを用いた構造クローンの検索方式
宇田川佳久東京工芸大SWIM2014-17
抄録 (和) 実務で使われている大規模SWには,コピー&ペーストによる類似コード(クローンコード)が20—50% 含まれていて,これがソフトウェア保守の妨げになっていることが指摘されている.一般に,クローンコードは,元のコードに対する文の挿入,削除,変更が行われている.従って,クローンコードの検出は,本質的に「部分的に一致する文字列の検出」に帰着する.本文では,頻出シーケンス抽出アルゴリズムとLCS(最長共通部分列)アルゴリズムを使ったクローンコードの検出方法について論じる.Java swingソースコードへの適用結果を示し,本手法の有効性を論じる. 
(英) Several studies suggest that as much as 20—50% of large software in industry consist of copied fragments (clone codes) which make it harder to maintain, understand the software. Generally, code clones are altered by changing, adding and/or deleting statements. Thus, the problem to find code clones essentially results in the detection of strings that partially match. Our approach is parse-tree-based enhanced by a frequent subsequence mining and a modified Longest Common Subsequence (LCS) algorithm. Experimental results conducted using Java swing source code show the effectiveness of our approach.
キーワード (和) コードクローン / 制御文 / メソッド識別名 / 頻出シーケンス抽出 / 最長共通部分列 / / /  
(英) Code clone / Control statement / Method identifier / Frequent subsequence mining / Longest common subsequence / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 344, SWIM2014-17, pp. 15-22, 2014年11月.
資料番号 SWIM2014-17 
発行日 2014-11-22 (SWIM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SWIM2014-17

研究会情報
研究会 SWIM  
開催期間 2014-11-29 - 2014-11-29 
開催地(和) 東京工芸大学 
開催地(英) Tokyo Polytechnic Univ. 
テーマ(和) ビジネスモデリングの実装とインタープライズ(ワークショップ) 
テーマ(英) Implementation of Business modeling and Interprise (Work shop) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SWIM 
会議コード 2014-11-SWIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) シーケンスマイニングアルゴリズムを用いた構造クローンの検索方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Approach to Retrieving Structural Clones Using Sequence Mining Algorithms 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コードクローン / Code clone  
キーワード(2)(和/英) 制御文 / Control statement  
キーワード(3)(和/英) メソッド識別名 / Method identifier  
キーワード(4)(和/英) 頻出シーケンス抽出 / Frequent subsequence mining  
キーワード(5)(和/英) 最長共通部分列 / Longest common subsequence  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇田川 佳久 / Yoshihisa Udagawa / ウダガワ ヨシヒサ
第1著者 所属(和/英) 東京工芸大学 (略称: 東京工芸大)
Tokyo Polytechnic University (略称: Tokyo Polytechnic Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-29 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SWIM 
資料番号 IEICE-SWIM2014-17 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.344 
ページ範囲 pp.15-22 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SWIM-2014-11-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会