電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-28 15:35
多数決スイッチ回路によるn-フォールトトレラントシステムの諸考察
岩井仁司 VLD2014-111 DC2014-65
抄録 (和) n 回故障を起こしても、その都度エラーを許容し、ミッションを継続する多重多数決冗長構成法を提案している.このような方法として、多重化された機能モジュールの出力結果を1つの多数決回路に集中させる方法が従来から知られていた.しかし、このような方法では、多数決回路の故障検知や切り替えが複雑で処理に時間がかかるという問題点があった.本稿での提案では、多数決スイッチ回路を各機能モジュールの電源に配置し、機能モジュールと外部機器は、従来の多数決回路や再構成回路などは介さずに直結させている.このような構成により、故障を起こした機能モジュールは、1 制御周期内に確実に隔離することができる.また従来の多数決回路の故障検知や切り替えは全く不要になるという利点がある. 
(英) This paper proposes n-fault-tolerant system method of voting redundancy with multiplied function modules. In well-known ways, all output from multiplied function modules are concentrated to one voting circuit, which is multiplied on some cases. However, in these method, failure detect, isolation and recovery are very complicated and need long time. In our method, voting switches are equipped on each power circuit for all function modules and each function module is directly connected to some actuators. And in this configuration if a fault occurs on a function module, the function module is able to be isolated in one control period. Any conventional FDIR methods for voting circuit are unnecessary.
キーワード (和) フォールトトレラント / フェールセーフ / 多数決スイッチ回路 / 多重多数決冗長系 / TMR / NMR / /  
(英) Fault Tolerant / Fail Safe / Voting Switches / N-Modular Redundancy / TMR / NMR / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 329, DC2014-65, pp. 257-262, 2014年11月.
資料番号 DC2014-65 
発行日 2014-11-19 (VLD, DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2014-111 DC2014-65

研究会情報
研究会 VLD DC IPSJ-SLDM CPSY RECONF ICD CPM  
開催期間 2014-11-26 - 2014-11-28 
開催地(和) ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) 
開催地(英) B-ConPlaza 
テーマ(和) デザインガイア2014 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2014 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DC 
会議コード 2014-11-VLD-DC-SLDM-CPSY-RECONF-ICD-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多数決スイッチ回路によるn-フォールトトレラントシステムの諸考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Some Studies of n-Fault-Tolerant System with Voting Switches 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フォールトトレラント / Fault Tolerant  
キーワード(2)(和/英) フェールセーフ / Fail Safe  
キーワード(3)(和/英) 多数決スイッチ回路 / Voting Switches  
キーワード(4)(和/英) 多重多数決冗長系 / N-Modular Redundancy  
キーワード(5)(和/英) TMR / TMR  
キーワード(6)(和/英) NMR / NMR  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 仁司 / Hitoshi Iwai / イワイ ヒトシ
第1著者 所属(和/英) * (略称: *)
* (略称: *)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-28 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 DC 
資料番号 IEICE-VLD2014-111,IEICE-DC2014-65 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.328(VLD), no.329(DC) 
ページ範囲 pp.257-262 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2014-11-19,IEICE-DC-2014-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会