電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-27 16:25
サイドチャネル攻撃耐性を持つMDR-ROMに統合可能なPUF回路の設計と評価
西村隆志竹内章浩汐崎 充藤野 毅立命館大CPM2014-125 ICD2014-68 エレソ技報アーカイブへのリンク:CPM2014-125 ICD2014-68
抄録 (和) Physical Unclonable Function (PUF)を用いて製造ばらつきからデバイス固有の暗号鍵を生成する研究が注目されている.一方で,回路の動作時に発生する二次的な情報(消費電力や漏洩電磁波,処理時間等)から秘密情報を推定するサイドチャネル攻撃が暗号回路への脅威となっており,PUFとサイドチャネル攻撃対策の技術両立が今後必要となる.筆者らは,AES暗号回路において使用するサイドチャネル攻撃対策用のMDR-ROMメモリをPUFとして用いることで,PUFの面積ペナルティを非常に小さくできる手法を提案してきた.本発表では,MDR-ROMのデータ読み出し遅延時間差を用いたPUFを試作し,その特性評価を行った結果を報告する. 
(英) Physical unclonable function (PUF) has been proposed as tamper-resistant technique to protect secure device. The PUF extracts inherent physical variation such as transistor size, threshold voltage etc. and creates unique IDs. In addition, tamper-resistant devices require protecting against side-channel attacks which reveal a secret key of a cryptographic circuit by measuring power consumption or electromagnetic radiation during the cryptographic operations. We proposed new PUF using MDR-ROM, which was proposed as a countermeasure against side-channel attacks, in order to achieve small circuit area. This paper presents the secure circuit combining AES with resistance against side-channel attacks with the MDR-ROM PUF. We presents also examination results of the MDR-ROM PUF.
キーワード (和) PUF / サイドチャネル攻撃 / AES / MDR-ROM / / / /  
(英) PUF / Side-Channel Attack / AES / MDR-ROM / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 333, ICD2014-68, pp. 15-20, 2014年11月.
資料番号 ICD2014-68 
発行日 2014-11-20 (CPM, ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CPM2014-125 ICD2014-68 エレソ技報アーカイブへのリンク:CPM2014-125 ICD2014-68

研究会情報
研究会 VLD DC IPSJ-SLDM CPSY RECONF ICD CPM  
開催期間 2014-11-26 - 2014-11-28 
開催地(和) ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) 
開催地(英) B-ConPlaza 
テーマ(和) デザインガイア2014 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2014 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2014-11-VLD-DC-SLDM-CPSY-RECONF-ICD-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サイドチャネル攻撃耐性を持つMDR-ROMに統合可能なPUF回路の設計と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design and study of PUF Circuit using IO-Masked Dual-Rail ROM with Resistance against Side-Channel Attacks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PUF / PUF  
キーワード(2)(和/英) サイドチャネル攻撃 / Side-Channel Attack  
キーワード(3)(和/英) AES / AES  
キーワード(4)(和/英) MDR-ROM / MDR-ROM  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 隆志 / Takashi Nishimura / ニシムラ タカシ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 章浩 / Akihiro Takeuchi / タケウチ アキヒロ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 汐崎 充 / Mitsuru Shiozaki / シオザキ ミツル
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤野 毅 / Takeshi Fujino / フジノ タケシ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-27 16:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-CPM2014-125,IEICE-ICD2014-68 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.332(CPM), no.333(ICD) 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CPM-2014-11-20,IEICE-ICD-2014-11-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会