電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-27 11:15
[ポスター講演]WebRTCによる4K映像ストリーミング伝送の試行
坂口和也田中克哉前田香織広島市大)・近堂 徹広島大IA2014-66
抄録 (和) インターネット上のライブストリーミングサービスは日常的に利用できるようになり,より高精細な映像として4K映像のライブ配信の期待も高まっている.本研究では専用のアプリケーションを要さず,インターネットで広く利用できるように,Webブラウザを用いた4K映像配信を検討している.本稿ではWebブラウザで音声やビデオを用いたリアルタイムコミュニケーションが可能なWebRTCを用いた4K映像配信システムの設計とプロトタイプシステムの実装状況について述べる. 
(英) Live streaming becomes ordinary services using the Internet. In addition, more high-resolution videos such as 4K are expected to as daily live streaming. In this work, we design a 4K video transfer system using a web browser to use 4K videos widely on the Internet without installing any dedicated application. In this paper, we describe the design of a 4K resolution video streaming system using the WebRTC which enables a Web browser having used real-time communication function. We also show the implementation status of the prototype system.
キーワード (和) WebRTC / P2P / 4K映像 / ストリーミング / / / /  
(英) WeRTC / P2P / 4K Video / Streaming / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 335, IA2014-66, pp. 29-30, 2014年11月.
資料番号 IA2014-66 
発行日 2014-11-20 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2014-66

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2014-11-27 - 2014-11-27 
開催地(和) 国民宿舎 グリーンスコーレ関金(鳥取) 
開催地(英) Green-Squalle Sekigane (Tottori) 
テーマ(和) (日本学術振興会 インターネット技術第163委員会 共催) 
テーマ(英) (cosponsored by JSPS 163rd Committee on Internet Technology) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2014-11-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) WebRTCによる4K映像ストリーミング伝送の試行 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Trial of 4K Video Streaming Using WebRTC 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) WebRTC / WeRTC  
キーワード(2)(和/英) P2P / P2P  
キーワード(3)(和/英) 4K映像 / 4K Video  
キーワード(4)(和/英) ストリーミング / Streaming  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂口 和也 / Kazuya Sakaguchi / サカグチ カズヤ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 克哉 / Katsuya Tanaka / タナカ カツヤ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 香織 / Kaori Maeda / マエダ カオリ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 近堂 徹 / Tohru Kondo / コンドウ トオル
第4著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-27 11:15:00 
発表時間
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2014-66 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.335 
ページ範囲 pp.29-30 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-IA-2014-11-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会