電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-27 16:50
最適なワードサイズを持つアクセラレータによる有限体演算の高速化
岩崎亜衣子柴田裕一郎小栗 清原澤隆一長崎大RECONF2014-44
抄録 (和) 本稿では楕円曲線暗号の分野で使われる有限体の演算を高速化するために,標数2の有限体演算用の機構を,FPGA上のソフトコア用のアクセラレータとして実装した.
$GF(2^m)$における還元処理の演算回数は,既約多項式と演算ワードサイズによって左右されることから,ワードサイズを変更可能な演算機構を実装した.
3つのアプリケーションを用いて評価を行った結果,ワードサイズを変更することによって,最大で10.2倍の高速化が実現できた.
この演算機構を実アプリケーションで有効に利用するために$GF(2^m)$の乗算器の実装も行った.
その結果,乗算は複数回に分けて実行することで演算機構のアドバンテージが発揮されることを示した. 
(英) In this paper, we implement architecture to speed up $GF(2^m)$ arithmetic in Elliptic Curve Cryptography(ECC) systems as an accelerator of the soft-cores on field programmable gate arrays (FPGAs).
The number of arithmetic operations needed for the reduction processing for $GF(2^m)$ is influenced by the irreducible polynominal and the word size, so we implement the variable word size accelerator.
As a result of evaluation with it three applications, it is shown that performance is improvement to up to 10.2 times by changing the word size compared to the standard 32-bit word size.
We also implement a multiplier to use accelerator effectively on many applications.
From these results, advantage of our accelerator is shown by dividing the multiplication into several steps.
キーワード (和) FPGA / 有限体演算 / 楕円曲線暗号 / アクセラレータ / / / /  
(英) FPGA / Finite field arithmetic / ECC / Accelerator / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 331, RECONF2014-44, pp. 57-61, 2014年11月.
資料番号 RECONF2014-44 
発行日 2014-11-19 (RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RECONF2014-44

研究会情報
研究会 VLD DC IPSJ-SLDM CPSY RECONF ICD CPM  
開催期間 2014-11-26 - 2014-11-28 
開催地(和) ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) 
開催地(英) B-ConPlaza 
テーマ(和) デザインガイア2014 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2014 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2014-11-VLD-DC-SLDM-CPSY-RECONF-ICD-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 最適なワードサイズを持つアクセラレータによる有限体演算の高速化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Accelerating finite field arithmetic with a suitable word size 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FPGA / FPGA  
キーワード(2)(和/英) 有限体演算 / Finite field arithmetic  
キーワード(3)(和/英) 楕円曲線暗号 / ECC  
キーワード(4)(和/英) アクセラレータ / Accelerator  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩崎 亜衣子 / Aiko Iwasaki / イワサキ アイコ
第1著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 裕一郎 / Yuichiro Shibata / シバタ ユウイチロウ
第2著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小栗 清 / Kiyoshi Oguri / オグリ キヨシ
第3著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 原澤 隆一 / Ryuichi Harasawa / ハラサワ リュウイチ
第4著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-27 16:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-RECONF2014-44 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.331 
ページ範囲 pp.57-61 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RECONF-2014-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会