電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-26 16:40
エラートレラントアプリケーションのための論理合成におけるドントケア拡大について
稲岡智哉市原英行岩垣 剛井上智生広島市大VLD2014-89 DC2014-43
抄録 (和) LSI システムが多少の誤り出力や性能低下を引き起こしても,システムの用途がこれらを許容できるとき,
このような用途をエラートレラントアプリケーションと呼ぶ.エラートレラントアプリケーションで利用される論理回路の論理合成では,出力誤りの許容範囲内で入力に対する出力値のドントケアを自由に拡大することができる.本研究ではエラートレラントアプリケーションのための論理合成において論理最小化を目的としたドントケア拡大法について考察を行う.文献[8] では,論理関数における主項の拡張に着目し,ドントケア拡大を行うアルゴリズムが提案されているが,本論文では主項の拡張だけでなく主項の縮小も考慮したドントケア拡大を行うことで,より効果の高いドントケア拡大アルゴリズムを提案する.ベンチマーク回路に対する計算実験では,提案アルゴリズムを用いることにより,実用的な処理時間で文献[8] よりも小さい論理回路を得られることを示す. 
(英) In logic synthesis for error tolerant applications, external observability don’t-cares can be freely enhanced within a given threshold. In this paper, we discuss a method for don’t-care enhancement so as to minimize the size of synthesized logic. The proposed algorithm, like [8], focuses on prime implicants of a given logic function and, unlike [8], exploits not only the expansion but also reduction of prime implications to find effective don’t-care enhancement. Experimental results show that, compared with [8], the proposed algorithm can produce smaller logic circuits with reasonable computational effort.
キーワード (和) 論理合成 / 論理関数 / 誤り率 / ドントケア / 主項 / カルノー図 / /  
(英) logic synthesis / logic function / error rate / don't-care / prime impricant / karnaugh map / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 328, VLD2014-89, pp. 123-128, 2014年11月.
資料番号 VLD2014-89 
発行日 2014-11-19 (VLD, DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2014-89 DC2014-43

研究会情報
研究会 VLD DC IPSJ-SLDM CPSY RECONF ICD CPM  
開催期間 2014-11-26 - 2014-11-28 
開催地(和) ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) 
開催地(英) B-ConPlaza 
テーマ(和) デザインガイア2014 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2014 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2014-11-VLD-DC-SLDM-CPSY-RECONF-ICD-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エラートレラントアプリケーションのための論理合成におけるドントケア拡大について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Don't-Care Extension in Logic Synthesis for Error Tolerant Application 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 論理合成 / logic synthesis  
キーワード(2)(和/英) 論理関数 / logic function  
キーワード(3)(和/英) 誤り率 / error rate  
キーワード(4)(和/英) ドントケア / don't-care  
キーワード(5)(和/英) 主項 / prime impricant  
キーワード(6)(和/英) カルノー図 / karnaugh map  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲岡 智哉 / Tomoya Inaoka / イナオカ トモヤ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 市原 英行 / Hideyuki Ichihara / イチハラ ヒデユキ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩垣 剛 / Tsuyoshi Iwagaki / イワガキ ツヨシ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 智生 / Tomoo Inoue / イノウエ トモオ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-26 16:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2014-89,IEICE-DC2014-43 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.328(VLD), no.329(DC) 
ページ範囲 pp.123-128 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2014-11-19,IEICE-DC-2014-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会