電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-26 09:15
マルチFPGAシステムにおける演算パイプラインの自動設計の実現に向けた研究
平井裕介喜屋武克樹新垣 誠琉球大)・天野英晴慶大)・藤田直行JAXA)・長名保範琉球大RECONF2014-34
抄録 (和) 航空機設計などに用いられる数値計算流体力学など計算科学の諸分野では常に
計算機の能力が不足しており, より高性能な計算機が必要とされている. そこ
で, 複数のFPGAを利用した科学技術演算高速化の試みとしてFLOPS-2Dが開発された.
しかし, 複数のFPGAにまたがって1つの大きな演算パイプラインを構築する場合,
各FPGAに対してRTLを記述し, ビットストリーム生成を行う必要があり規模の大きい数値計算流体力学では
これを手動で行うのに多大な時間がかかってしまう. そこで, 本研究では
配置が最適化されたネットリストからRTL, ビットストリームの生成までを自動で行う仕組みを実装した.
その結果, 回路面積に大きなオーバヘッドはなく実機への実装に用いることができる合成結果が得られた. 
(英) Computational fluid dynamics (CFD), a powerful tool for aircraft
design and other mechanical designs is a major application in
computational science. Since CFD is a CPU intensive application,
several challenges have made to accelerate the computation with
FPGA. In this report, we propose a method toward automated arithmetic pipeline design in multi-FPGA system such as FLOPS-2D.
This method converts an equation to dataflow, then generates divided netlist, RTL and configuration bitstreams for each FPGA in the system. As the result, bitstreams had successfully obtained.
キーワード (和) マルチFPGAシステム / CFD / 演算パイプライン / 自動設計 / / / /  
(英) Multi-FPGA system / CFD / Arithmetic pipeline / Automated design / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 331, RECONF2014-34, pp. 1-6, 2014年11月.
資料番号 RECONF2014-34 
発行日 2014-11-19 (RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RECONF2014-34

研究会情報
研究会 VLD DC IPSJ-SLDM CPSY RECONF ICD CPM  
開催期間 2014-11-26 - 2014-11-28 
開催地(和) ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) 
開催地(英) B-ConPlaza 
テーマ(和) デザインガイア2014 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2014 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2014-11-VLD-DC-SLDM-CPSY-RECONF-ICD-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチFPGAシステムにおける演算パイプラインの自動設計の実現に向けた研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on automated arithmetic pipeline design on multi-FPGA systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチFPGAシステム / Multi-FPGA system  
キーワード(2)(和/英) CFD / CFD  
キーワード(3)(和/英) 演算パイプライン / Arithmetic pipeline  
キーワード(4)(和/英) 自動設計 / Automated design  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平井 裕介 / Yusuke Hirai / ヒライ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 琉球大学 (略称: 琉球大)
University of the Ryukyus (略称: Univ. Ryukyus)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 喜屋武 克樹 / Katsuki Kyan / キャン カツキ
第2著者 所属(和/英) 琉球大学 (略称: 琉球大)
University of the Ryukyus (略称: Univ. Ryukyus)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 新垣 誠 / Makoto Arakaki / アラカキ マコト
第3著者 所属(和/英) 琉球大学 (略称: 琉球大)
University of the Ryukyus (略称: Univ. Ryukyus)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 天野 英晴 / Hideharu Amano / アマノ ヒデハル
第4著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 直行 / Naoyuki Fujita / フジタ ナオユキ
第5著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 長名 保範 / Yasunori Osana / オサナ ヤスノリ
第6著者 所属(和/英) 琉球大学 (略称: 琉球大)
University of the Ryukyus (略称: Univ. Ryukyus)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-26 09:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-RECONF2014-34 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.331 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RECONF-2014-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会