電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-26 14:45
ストリームデータ処理の低レイテンシ化のためのヒープデータ操作のパイプライン化方式の開発と評価
藤川義文本村哲朗松村忠幸日立CPSY2014-72
抄録 (和) ストリームデータ処理では,HFTはじめ低レイテンシ化が重要性を増しており,取引所の約定判定でも重要となっている.そこで,約定判定の中核をなすザラバ処理をベンチマークとして,ストリームデータ処理の低レイテンシ化方式をFPGA上で研究開発することとした.低レイテンシ化には,注文データを蓄積する板情報の操作に対して,最優先データの最速決定とパイプラン化が課題となる.そこで,板情報の操作にヒープソートを選択し,板情報の大規模化に対応可能なヒープソートのパイプライン化方式を開発した.サンプル注文データによるRTLシミュレーションでの評価結果,5M注文/s時に平均0.10μsのレイテンシを確認した.HFT : High Frequency Trading, RTL : Register Transfer Level 
(英) The feature of low latency is becoming important for applications of Stream Data Processing (SDP) such as HFT, and so is matching engine in the stock exchange. Then, we begin to study the method to execute SDP with low latency on FPGA with taking up the zaraba method, a dominant process of matching engine to trade stocks as benchmark. Toward this purpose, there are two issues for the procedure to the table called “Board Information” in which data of unmatched stock orders are accumulated. that is, to determine top priority data fast for matching engine and to pipeline the procedures for consecutive orders. For these issues, we applied heap sort algorithm to this procedure, and developed the novel pipelined heap sort algorithm that can deal with large scale “Board Information”. We evaluated the latency of the zaraba method through register transfer level (RTL) simulation by using sample order data, and it was 0.10μs on average for 5M input orders/s.
キーワード (和) ストリームデータ処理 / HFT / ザラバ処理 / 低レイテンシ化 / FPGA / ヒープソート / パイプライン /  
(英) Stream Data Processing / HFT / Zaraba method / low latency / FPGA / heap sort / pipeline /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 330, CPSY2014-72, pp. 1-6, 2014年11月.
資料番号 CPSY2014-72 
発行日 2014-11-19 (CPSY) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CPSY2014-72

研究会情報
研究会 VLD DC IPSJ-SLDM CPSY RECONF ICD CPM  
開催期間 2014-11-26 - 2014-11-28 
開催地(和) ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) 
開催地(英) B-ConPlaza 
テーマ(和) デザインガイア2014 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2014 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2014-11-VLD-DC-SLDM-CPSY-RECONF-ICD-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ストリームデータ処理の低レイテンシ化のためのヒープデータ操作のパイプライン化方式の開発と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development and Evaluation of Pipelining of Heap-Sort Execution for Low-Latency Stream Data Processing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ストリームデータ処理 / Stream Data Processing  
キーワード(2)(和/英) HFT / HFT  
キーワード(3)(和/英) ザラバ処理 / Zaraba method  
キーワード(4)(和/英) 低レイテンシ化 / low latency  
キーワード(5)(和/英) FPGA / FPGA  
キーワード(6)(和/英) ヒープソート / heap sort  
キーワード(7)(和/英) パイプライン / pipeline  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤川 義文 / Yoshifumi Fujikawa / フジカワ ヨシフミ
第1著者 所属(和/英) 株式会社日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd (略称: Hitachi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 本村 哲朗 / Tetsuro Hommura / テツロウ ホンムラ
第2著者 所属(和/英) 株式会社日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd (略称: Hitachi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松村 忠幸 / Tadayuki Matsumura / マツムラ タダユキ
第3著者 所属(和/英) 株式会社日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd (略称: Hitachi)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-26 14:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-CPSY2014-72 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.330 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CPSY-2014-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会