電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-26 17:05
大腸NBI拡大内視鏡画像診断支援のためのVisual Word特徴量変換アーキテクチャ
杉 幸樹小出哲士Anh-Tuan Hoang岡本拓巳清水達也玉木 徹Bisser Raytchev金田和文小南陽子吉田成人田中信治広島大VLD2014-77 DC2014-31
抄録 (和) 近年の大腸ガン患者の増加に伴い,大腸ガンの診断において効果的に医師の診断を支援するCAD(Computer-Aided Diagnosis)システムが求められている.本研究では大腸NBI(Narrow Band Imaging)拡大内視鏡画像対して局所特徴量から病理タイプを識別し,医師にその情報を提示する大腸NBI拡大内視鏡画像診断支援システムについて述べる.特に,Full HD(1920 ×1080 pixel)の内視鏡画像を医師に対してストレスなく処理を行うためには,レイテンシが1sec以内で処理の完了が必要である.本研究では内視鏡画像から得られた特徴量をVisual-Word(VW)ヒストグラムに変換する処理のハードウェア実装について述べる.限られたFPGAハードウェアリソースで実装を行うために,特徴量変換時の距離指標にマンハッタン距離を使用することで高速かつ高精度な識別を実現した.更に,正規化処理を投票時に順次に計算することで高速処理を可能にする方法を提案する.これらの結果,Full HD画像に対して約334 msec以内の特徴量変換が可能となった.また,パイプライン化することで処理時間を約43 msecまで高速化できる. 
(英) With the increase of colorectal cancer patients in recent years, the computer-aided diagnosis (CAD) system which supports doctor's diagnosis effectively in the diagnosis of colon cancer is required. Our research describe the support system for colorectal endoscopic images with narrow band imaging (NBI) magnification which identify the pathology type from local features in NBI endoscopic image. In order to meet the real time processing in which a full high definition (Full HD) endoscopic image must be identified within one second, the feature transformation which change feature quantity to VW histogram is implemented on hardware. For implementation on FPGA which has the resource limitations, we propose the architecture that uses Manhattan distance in class searching, and enables high speed processing by dynamic computation of normalization. As a result, it allows the feature transformation to complete its work in about 334 msec on the full HD image. More over, the architecture can improve the processing time to about 43 msec by pipelining.
キーワード (和) 内視鏡画像 / Full HD / 診断支援(CAD) / NBI(Narrow Band Imaging) / 特徴量変換 / Visual-Word(VW) / マンハッタン距離 / FPGAハードウェア実装  
(英) Colorectal Endoscopic Images / Full HD / Computer-Aided Diagnosis(CAD) / NBI(Narrow Band Imaging) / Feature Transformation / Visual-Word(VW) / Manhattan distance / FPGA Hardware Implementation  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 328, VLD2014-77, pp. 33-38, 2014年11月.
資料番号 VLD2014-77 
発行日 2014-11-19 (VLD, DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2014-77 DC2014-31

研究会情報
研究会 VLD DC IPSJ-SLDM CPSY RECONF ICD CPM  
開催期間 2014-11-26 - 2014-11-28 
開催地(和) ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) 
開催地(英) B-ConPlaza 
テーマ(和) デザインガイア2014 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2014 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2014-11-VLD-DC-SLDM-CPSY-RECONF-ICD-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大腸NBI拡大内視鏡画像診断支援のためのVisual Word特徴量変換アーキテクチャ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Visual-Word Feature Transformation Architecture for Computer-Aided Diagnosis using Colorectal Endoscopic Images with NBI Magnification 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 内視鏡画像 / Colorectal Endoscopic Images  
キーワード(2)(和/英) Full HD / Full HD  
キーワード(3)(和/英) 診断支援(CAD) / Computer-Aided Diagnosis(CAD)  
キーワード(4)(和/英) NBI(Narrow Band Imaging) / NBI(Narrow Band Imaging)  
キーワード(5)(和/英) 特徴量変換 / Feature Transformation  
キーワード(6)(和/英) Visual-Word(VW) / Visual-Word(VW)  
キーワード(7)(和/英) マンハッタン距離 / Manhattan distance  
キーワード(8)(和/英) FPGAハードウェア実装 / FPGA Hardware Implementation  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉 幸樹 / Koki Sugi / スギ コウキ
第1著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima Univercity (略称: Hiroshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小出 哲士 / Tetsushi Koide / コイデ テツシ
第2著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima Univercity (略称: Hiroshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Anh-Tuan Hoang / Anh-Tuan Hoang / Bisser Raytchev
第3著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima Univercity (略称: Hiroshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 拓巳 / Takumi Okamoto / オカモト タクミ
第4著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima Univercity (略称: Hiroshima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 達也 / Tatsuya Shimizu / シミズ タツヤ
第5著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima Univercity (略称: Hiroshima Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉木 徹 / Toru Tamaki / タマキ トオル
第6著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima Univercity (略称: Hiroshima Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) Bisser Raytchev / Bisser Raytchev / Bisser Raytchev
第7著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima Univercity (略称: Hiroshima Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 金田 和文 / Kazufumi Kaneda / カネダ カズフミ
第8著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima Univercity (略称: Hiroshima Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 小南 陽子 / Yoko Kominami / コミナミ ヨウコ
第9著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima Univercity (略称: Hiroshima Univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 成人 / Shigeto Yoshida / ヨシダ シゲト
第10著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima Univercity (略称: Hiroshima Univ.)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 信治 / Shinji Tanaka / タナカ シンジ
第11著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima Univercity (略称: Hiroshima Univ.)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-26 17:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2014-77,IEICE-DC2014-31 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.328(VLD), no.329(DC) 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2014-11-19,IEICE-DC-2014-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会