お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-22 13:15
他者意図推定における自己・他者視点切り替え機構の検討
鈴木佐知歌朝倉暢彦乾 敏郎京大NC2014-38
抄録 (和) 他者の内面にある意図を推定するとき,周囲の環境や相手の行動特性を考慮して,他者の行動観察を行う必要がある.本研究では,他者の行動特性に関する知識の有無によって他者意図推定に違いが生じるかを検討した.実験刺激として迷路内をエージェントが動く動画を用い,行動特性未知(行動特性学習前),および行動特性既知(行動特性学習後)の条件で,エージェントがとる経路を観察して,その目指すゴールについて評価させた.その結果,行動特性未知の条件では,エージェントの進行方向に沿った位置にあるゴールへ行く確率を高く見積もっており,ゴールの推定において自己視点の情報が用いられていることを示唆している.一方,行動特性既知の条件では,エージェントの行動特性から予測される位置にあるゴールが適切に推定されており,自己視点の情報を抑制して他者視点を考慮した推定が行われていることを示唆している.以上より,他者の行動特性の知識を得ることは,自己視点を利用した意図推定から他者視点を利用した意図推定への切り替えを可能とするために重要であることが示唆される. 
(英) When a person estimates the mental state of another person, he/she observes one’s actions in view of one’s situation and behavioral traits. In this study, we investigated the intention inferences under two conditions: whether subjects knew the agent’s behavioral traits or not. Subjects observed the agent’s pathway through a number of mazes and estimated his or her intention under three phases: Pre-study Phase (unknown behavioral traits about an agent), Study Phase 1, and Study Phase 2 (after the subject has watched a video about the agent’s pathway). We compared the subjects’ behavioral estimation values with their expected values. The results show a significant difference in the Pre-study Phase, compared to these expected values. In this phase, the subjects estimated the goal toward which the agent could proceed in a straight path to be high compared to the expected value, and this suggests that they estimated the goal under the first-person perspective. On the other hand, subjects could estimate the values properly in Study Phase 1 and 2. This suggests that they inhibit their self-perspective and use others’ perspective information. In conclusion, we suggest that it is necessary to know others’ behavioral traits in order to switch systems of intention inference from using self-perspective to using others’ perspectives.
キーワード (和) 意図推定 / 心の理論 / 迷路課題 / 視点取得 / / / /  
(英) intention inference / Theory of Mind / maze task / perspective taking / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 326, NC2014-38, pp. 67-72, 2014年11月.
資料番号 NC2014-38 
発行日 2014-11-14 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2014-38

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2014-11-21 - 2014-11-22 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku University 
テーマ(和) BCI/BMIとその周辺, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2014-11-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 他者意図推定における自己・他者視点切り替え機構の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The switching mechanism between self and other's perspective for intention inference 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 意図推定 / intention inference  
キーワード(2)(和/英) 心の理論 / Theory of Mind  
キーワード(3)(和/英) 迷路課題 / maze task  
キーワード(4)(和/英) 視点取得 / perspective taking  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 佐知歌 / Sachika Suzuki / スズキ サチカ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 朝倉 暢彦 / Nobuhiko Asakura / アサクラ ノブヒコ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 乾 敏郎 / Toshio Inui / イヌイ トシオ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-22 13:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2014-38 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.326 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2014-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会