電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-22 10:15
血管作動薬のランプ入力による動脈圧受容器反射系の評価
柏原考爾徳島大MBE2014-70
抄録 (和) 動脈圧受容器反射系は,薬剤や姿勢変化等の外乱に対して血圧を素早く調節できる.通常,圧受容器反射系の特性を評価するには,血管作動薬の投与やネックチャンバー装置を用いて血圧入力をランプ状に変化させ,その応答を観察する.しかし,薬剤投与等のランプ入力を毎回一定に制御することは困難なうえ,血圧応答は非線形性を含むため,誤った解析・評価をしてしまう危険性がある.例えば,低血圧や高血圧で非線形応答を含む場合等,圧受容器反射系の応答特性が検査開始前の状態に依存することもある.本研究では,動脈圧受容器反射系の動的ダイナミクスに着目し,ランプ負荷における薬剤の適切な入力速度について検討した.また,遺伝的アルゴリズムを適用することで,圧受容器反射系に関する非線形応答モデルのパラメータ推定の可能性について検討した. 
(英) The baroreflex for patients are assessed by the cardiovascular responses via a neck chamber device, head tilting, and vasoactive drugs. Ramp increase of arterial blood pressure is an easier method to evaluate the baroreflex curve, compared with step responses to require reaching a stable condition. However, the ramp test may result in various responses because of the history of pressure inputs and outputs with nonlinear responses. The difference of ramp speeds may also cause misreading the result of the baroreflex curve in spite of the same input and central command (e.g., hypertension and hypotension). The appropriate ramp speed during the short-term baroreflex test was estimated; the nonlinearity was also evaluated by using the genetic algorithm.
キーワード (和) 圧受容器 / 動的ダイナミクス / 薬剤投与 / 伝達関数 / 非線形性 / / /  
(英) Baroreceptor / Dynamic Characteristics / Drug Infusions / Transfer Function / Nonlinearity / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 325, MBE2014-70, pp. 59-63, 2014年11月.
資料番号 MBE2014-70 
発行日 2014-11-14 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2014-70

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2014-11-21 - 2014-11-22 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku University 
テーマ(和) BCI/BMIとその周辺, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2014-11-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 血管作動薬のランプ入力による動脈圧受容器反射系の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of the arterial baroreflex system by using ramp inputs of vasoactive agonists 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 圧受容器 / Baroreceptor  
キーワード(2)(和/英) 動的ダイナミクス / Dynamic Characteristics  
キーワード(3)(和/英) 薬剤投与 / Drug Infusions  
キーワード(4)(和/英) 伝達関数 / Transfer Function  
キーワード(5)(和/英) 非線形性 / Nonlinearity  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柏原 考爾 / Koji Kashihara / カシハラ コウジ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-22 10:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2014-70 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.325 
ページ範囲 pp.59-63 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MBE-2014-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会