電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-22 14:05
確率的労働市場における社会格差創発シミュレーション
陳 鶴井上純一北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 多数の非一様なエージェントのミクロな振る舞いから, システムの
マクロな現象を説明する試みは, 脳神経系の問題だけではなく,
多くの自然科学や社会科学においてさえも有効なアプローチである.
そこで, 我々は大卒労働市場において, 各就活生に彼ら固有の
「特徴ベクトル」を割り振り, 企業の持つ「選別ベクトル」との
内積(近さ)に応じて企業側が内定を出す確率モデルを考え,
そのジョブ・マッチングプロセスを数値的に評価する. 単純な
一元的「成績」によるマッチングと比べ, 多様な「モノサシ」
を用いて企業が人材確保する場合には「内定数格差」に違いが
得られるはずである. 我々は昨今, 財界で求められている
「人材/組織の多様性」, すなわち, 学生の多様性, 企業の多様性
が結果としてどの程度, 社会的格差を改善するのかに関し,
簡単な計算機実験を行ったので, その結果を報告する. 
(英) We discuss social inequalities in labor markets for university
graduates in Japan by using the Gini and $k$-indices. Feature
vectors which specify the abilities of candidates (students)
are built-into the probabilistic labor market model. Here
we systematically examine what kind of selection
processes (strategies) by companies according to
the weighted feature vector of each candidate could
induce what type of inequalities in the number of informal
acceptances leading to a large mismatch between students
and companies.
キーワード (和) エージェント・モデリング / 大卒労働市場 / 格差指標 / 統計力学 / 計算機シミュレーション / 社会システム / /  
(英) Agent-based modeling / Inequality measure / Statistical mechanics / Computer simulation / Social systems / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 326, NC2014-40, pp. 79-84, 2014年11月.
資料番号 NC2014-40 
発行日 2014-11-14 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2014-11-21 - 2014-11-22 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku University 
テーマ(和) BCI/BMIとその周辺, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2014-11-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 確率的労働市場における社会格差創発シミュレーション 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Computer simulation for emergence of social inequality in probabilistic labor markets 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) エージェント・モデリング / Agent-based modeling  
キーワード(2)(和/英) 大卒労働市場 / Inequality measure  
キーワード(3)(和/英) 格差指標 / Statistical mechanics  
キーワード(4)(和/英) 統計力学 / Computer simulation  
キーワード(5)(和/英) 計算機シミュレーション / Social systems  
キーワード(6)(和/英) 社会システム /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 鶴 / He Chen /
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido Univrsity (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 純一 / Jun-ichi Inoue /
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido Univrsity (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-22 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2014-40 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.326 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2014-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会