電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-22 14:30
映像酔いにおけるファジー推論を用いた生理的・心理的評価の総合的評価法の検討
古家惇生木竜 徹飯島敦彦新潟大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 高臨場感映像を視聴すると,乗り物酔いに似た症状である映像酔いと呼ばれる症状を発症することがある.この症状を時系列モデル化したVIMS(Visually induced motion sickness)モデルでは,映像の動きを入力とし自律神経系応答を出力と想定している.ここで,出力は映像の動きによる短期的な応答(トリガー効果,trigger)と,トリガー効果の蓄積による長期的な応答(アキュムレーション効果,accumulation)である.生理的(客観的)指標でトリガー効果は評価できるが、心理的レベルの影響を受ける.そのため応答は不快感以外にも臨場感・爽快感などの影響を反映している.そこで、生理的指標として自律神経系を反映する心拍変動のLF (Low Frequency)‐HF (High Frequency)成分,心理的指標として20段階不快度とし,この2種類の指標からファジィ推論を用いてストレス度を推定した. 
(英) Viewing a highly realistic images, the symptom called Visually Induced Motion Sickness (VIMS) like the motion sickness happens to occur. The time-series of VIMS has been modeled such that symptom is assumed that stimulus is motion vectors of real images and responce is autonomic nervous responses. The time-series is composed of trigger and accumulation factors. An accumularion factor has long time scale because it relates to an autonomic nervous system as a background activity, while a trigger factor has short time scale because of direct effects of vision. Physiological evaluation can evaluate a trigger factor, but it is influenced by psychological state. Thus, the response is influenced by some factors. The response are influenced by some factors that are irrelevant to discomfort: e.g. high realistic sensation, exhilarating feeling, etc. In this study, we estimated the stress with fuzzy reasoning. Then, input data are low frequency (LF) and high frequency (HF)components of the heart rate variability (HRV) and 20 step discomfort level of psychological evaluation.
キーワード (和) 映像酔い / 心理的評価 / 生理的評価 / ファジィ推論 / トリガー効果 / / /  
(英) Visually Induced Motion Sickness / Physiological Evaluation / Psychological Evaluation / Fuzzy Reasoning / Trigger Factor / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 325, MBE2014-72, pp. 69-74, 2014年11月.
資料番号 MBE2014-72 
発行日 2014-11-14 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2014-11-21 - 2014-11-22 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku University 
テーマ(和) BCI/BMIとその周辺, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2014-11-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 映像酔いにおけるファジー推論を用いた生理的・心理的評価の総合的評価法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Comprehensive Physiological and Psychological Evaluation with Fuzzy Reasoning in Visually Induced Motion Sickness 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 映像酔い / Visually Induced Motion Sickness  
キーワード(2)(和/英) 心理的評価 / Physiological Evaluation  
キーワード(3)(和/英) 生理的評価 / Psychological Evaluation  
キーワード(4)(和/英) ファジィ推論 / Fuzzy Reasoning  
キーワード(5)(和/英) トリガー効果 / Trigger Factor  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古家 惇生 / Junki Furuya / フルヤ ジュンキ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木竜 徹 / Tohru Kiryu / キリュウ トオル
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯島 敦彦 / Atsuhiko Iijima / イイジマ アツヒコ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-22 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2014-72 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.325 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2014-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会