お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-22 10:15
推論による情報漏えいリスクの評価手法について ~ 有向グラフモデルの視覚化ツールおよび局所連結度を用いたアルゴリズムの検討 ~
鈴木一弘内間春香近藤美希高知大ISEC2014-63 SITE2014-54 LOIS2014-33
抄録 (和) 複数の情報から秘密情報を推論で得られることによって起きる情報漏えいの防止のために、情報同士の推論関係とアクセス制御リストを併せてモデル化した有向グラフモデルが提案されている。本研究ではグラフ上の局所連結度を用いた情報漏えいリスク評価アルゴリズムを提案し、試作した視覚化ツールを用いた検証を行った。 
(英) We study a graph-based model against information leakage from multiple pieces of information, where a relationship among pieces of information and an access control list are modeled on a directed graph with lists of allowed colors. In this report, we propose an algorithm to assess the risk of information leakage using local connectivity in digraphs and an experimental prototype of a visualization tool.
キーワード (和) 情報セキュリティ / 推論による情報漏えい / グラフ理論 / グラフモデル / 局所連結度 / / /  
(英) information security / information leakage by inference / graph theory / graph-based model / local connectivity / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 320, SITE2014-54, pp. 45-50, 2014年11月.
資料番号 SITE2014-54 
発行日 2014-11-14 (ISEC, SITE, LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2014-63 SITE2014-54 LOIS2014-33

研究会情報
研究会 ISEC LOIS SITE  
開催期間 2014-11-21 - 2014-11-22 
開催地(和) 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 情報セキュリティ,ライフログ活用技術,ライフインテリジェンス,オフィス情報システム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2014-11-ISEC-LOIS-SITE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 推論による情報漏えいリスクの評価手法について 
サブタイトル(和) 有向グラフモデルの視覚化ツールおよび局所連結度を用いたアルゴリズムの検討 
タイトル(英) An approach to assess the risk of information leakage by inference 
サブタイトル(英) A pilot study of a visualization tool and an algorithm using local connectivity in digraphs 
キーワード(1)(和/英) 情報セキュリティ / information security  
キーワード(2)(和/英) 推論による情報漏えい / information leakage by inference  
キーワード(3)(和/英) グラフ理論 / graph theory  
キーワード(4)(和/英) グラフモデル / graph-based model  
キーワード(5)(和/英) 局所連結度 / local connectivity  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 一弘 / Kazuhiro Suzuki / スズキ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 高知大学 (略称: 高知大)
Kochi University (略称: Kochi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 内間 春香 / Haruka Uchima /
第2著者 所属(和/英) 高知大学 (略称: 高知大)
Kochi University (略称: Kochi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 美希 / Miki Kondo /
第3著者 所属(和/英) 高知大学 (略称: 高知大)
Kochi University (略称: Kochi Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-22 10:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SITE 
資料番号 IEICE-ISEC2014-63,IEICE-SITE2014-54,IEICE-LOIS2014-33 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.319(ISEC), no.320(SITE), no.321(LOIS) 
ページ範囲 pp.45-50 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ISEC-2014-11-14,IEICE-SITE-2014-11-14,IEICE-LOIS-2014-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会