お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-21 10:40
音源分離における直交化制約を用いたマルチチャネルNMFの検討
吉山文教上ノ原進吾西島恵介古家賢一大分大EA2014-32 EMM2014-60
抄録 (和) 源分離などに用いられるマルチチャネル非負値行列因子分解(NMF)は, 初期値にランダムな値を与えると分離性能にばらつきが生じ, 音源分離を行うデータによって大きく分離性能が異なるといった問題がある. 本報告では, マルチチャネルNMFの基底間に直交化制約を加えることにより精度の高いスペクトル基底の推定ができるのではないかと仮定し, 従来のマルチチャネルNMF(Multichannel NMF; MNMF)のコスト関数に直交化制約を追加することで直交化制約付きマルチチャネルNMF(Penalized MNMF; PMNMF)を提案する. 実験の結果, ばらつきの変化はほとんどなかったが, データによっては従来法と比べて平均的な分離性能が向上する場合があった. 
(英) This paper proposes a blind source separation method based on multichannel non-negative factorization (NMF) with orthogonally constraints. The conventional multichannel NMF (MNMF) often incur a risk of varying the source separation performance. To reduce this risk, our method employs an orthogonality constraint. We derived a penalized multichannel NMF (PMNMF) algorithm using the constraints, and it forces each NMF bases to become no cross-correlation, which increases separated quality. Experimental result show that the estimated NMF bases exhibited no correlation with each others, and the proposed method was superior to the conventional method in the average performance.
キーワード (和) 非負値行列因子分解 / マルチチャネル / 音源分離 / 直交化 / / / /  
(英) non-negative matrix factorization / multichannel / source separation / orthogonality constraints / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 315, EA2014-32, pp. 25-30, 2014年11月.
資料番号 EA2014-32 
発行日 2014-11-13 (EA, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2014-32 EMM2014-60

研究会情報
研究会 EMM EA  
開催期間 2014-11-20 - 2014-11-21 
開催地(和) 九州大学芸術工学部 
開催地(英)  
テーマ(和) 異種メディア融合,コンテンツ処理,メディア検索,電子透かし,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2014-11-EMM-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音源分離における直交化制約を用いたマルチチャネルNMFの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multichannel non-negative matrix factorization with orthogonality constraints for sound source separation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非負値行列因子分解 / non-negative matrix factorization  
キーワード(2)(和/英) マルチチャネル / multichannel  
キーワード(3)(和/英) 音源分離 / source separation  
キーワード(4)(和/英) 直交化 / orthogonality constraints  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉山 文教 / Fuminori Yoshiyama / ヨシヤマ フミノリ
第1著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上ノ原 進吾 / Shingo Uenohara / ウエノハラ シンゴ
第2著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西島 恵介 / Keisuke Nishijima / ニシジマ ケイスケ
第3著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 古家 賢一 / Ken'ichi Furuya / フルヤ ケンイチ
第4著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-21 10:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2014-32,IEICE-EMM2014-60 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.315(EA), no.316(EMM) 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2014-11-13,IEICE-EMM-2014-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会