電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-21 15:50
日本語P300 spellerにおける行列サイズが与える影響に関する検討
山本裕也吉川大弘古橋 武名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) BCIの一種として,事象関連電位(ERP)の一つであるP300を特徴量に用いることで,ユーザの思考のみで文字入力が可能となるP300 spellerが存在する.
P300 spellerにおいては,様々な形態のインタフェースが考案されており,本研究では,行列型に文字が配置されているインタフェースを対象とする.
本稿では,4種類の行列サイズについて,それらの差異が与えるP300の振幅および潜時について検討を行い,その結果を示す.
また,ターゲットとする行列内の文字の位置により,誘発されるP300に影響が及ぶかについても検討を行った. 
(英) P300 speller is one of the BCI (Brain Computer Interface) applications. It utilizes P300 which is an event-related potential as the target feature for classification and allows users to select letters just by thoughts.
There are various types of P300 speller interfaces, and we focus on the letter matrix interface, in which letters are allocated on a matrix.
This paper examined the amplitude and latency of P300 which were affected by matrix size and showed the results of the comparison among four interfaces.
This paper also examined whether the position of a target character on the interface affected those of P300 or not.
キーワード (和) BCI / P300 speller / 行列サイズ / 振幅 / 潜時 / / /  
(英) BCI / P300 speller / Matrix size / Amplitude / Latency / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 326, NC2014-33, pp. 43-46, 2014年11月.
資料番号 NC2014-33 
発行日 2014-11-14 (MBE, NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2014-11-21 - 2014-11-22 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku University 
テーマ(和) BCI/BMIとその周辺, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2014-11-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 日本語P300 spellerにおける行列サイズが与える影響に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on influence of matrix size for Japanese P300 speller 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) BCI / BCI  
キーワード(2)(和/英) P300 speller / P300 speller  
キーワード(3)(和/英) 行列サイズ / Matrix size  
キーワード(4)(和/英) 振幅 / Amplitude  
キーワード(5)(和/英) 潜時 / Latency  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 裕也 / Yuya Yamamoto / ヤマモト ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉川 大弘 / Tomohiro Yoshikawa / ヨシカワ トモヒロ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 古橋 武 / Takeshi Furuhashi / フルハシ タケシ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-21 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-MBE2014-63,IEICE-NC2014-33 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.325(MBE), no.326(NC) 
ページ範囲 pp.27-30(MBE), pp.43-46(NC) 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2014-11-14,IEICE-NC-2014-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会