電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-21 14:10
分子系統学的アプローチを応用した言語系統樹の生成について
呉 靭山口短大)・松浦佑哉松野浩嗣山口大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,生物の進化系統樹を推定する分子系統学分野の手法を言語学に応用して言語系統樹を生成することにより,言語の系統分類を自動的に行う研究が盛んに行われるようになってきた.本論文では,基礎語彙,基礎語彙に基づく言語分岐年代の推定,言語の同系性の確認,分子系統学における進化系統樹の作成手法について紹介したうえで,分子系統学の手法を応用した言語系統樹生成に関する新しいアプローチについて説明する.これを踏まえ,今後の研究の展望について述べる. 
(英) In recent years, it has become popular to generate language-family trees of linguistics by applying the methods used in molecular phylogenetics field for estimating phylogenetic trees, in order to automatically perform systematic classification of the world’s languages. In this paper, we firstly introduce basic vocabulary, estimation of language divergence based on basic vocabulary, cognate confirmation of two languages and method for creating phylogenetic trees used in molecular phylogeny. Then we show new approach of generation of language-family trees. Based on these explanations, we describe the prospects for future research.
キーワード (和) 言語系統樹 / 基礎語彙 / 進化系統樹 / 近隣結合法 / ベイジアンMCMC 法 / / /  
(英) language-family tree / basic vocabulary / phylogenetic tree / neighbor-joining method / Bayesian Markov chain Monte Carlo methods / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 313, MSS2014-68, pp. 147-152, 2014年11月.
資料番号 MSS2014-68 
発行日 2014-11-13 (CAS, MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS MSS IPSJ-AL  
開催期間 2014-11-20 - 2014-11-21 
開催地(和) 大濱信泉記念館(石垣島) 
開催地(英) Nobumoto Ohama Memorial Hall (Ishigaki island) 
テーマ(和) グラフ、ペトリネット、ニューラルネット及び一般 
テーマ(英) Graph, Petri net, Neural network, and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2014-11-CAS-MSS-AL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分子系統学的アプローチを応用した言語系統樹の生成について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Survey on Generation of Language-Family Tree by Applying Molecular Phylogenetic Approach 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 言語系統樹 / language-family tree  
キーワード(2)(和/英) 基礎語彙 / basic vocabulary  
キーワード(3)(和/英) 進化系統樹 / phylogenetic tree  
キーワード(4)(和/英) 近隣結合法 / neighbor-joining method  
キーワード(5)(和/英) ベイジアンMCMC 法 / Bayesian Markov chain Monte Carlo methods  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 呉 靭 / Ren Wu / ゴ ジン
第1著者 所属(和/英) 山口短期大学 (略称: 山口短大)
Yamaguchi Junior College (略称: Yamaguchi JC.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松浦 佑哉 / Yuya Matsuura / マツウラ ユウヤ
第2著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松野 浩嗣 / Hiroshi Matsuno /
第3著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-21 14:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-CAS2014-104,IEICE-MSS2014-68 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.312(CAS), no.313(MSS) 
ページ範囲 pp.147-152 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2014-11-13,IEICE-MSS-2014-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会