電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-21 15:20
プレゼンスセンシングのログを用いた部屋状態の推定
樫尾勇樹柗本真佑佐伯幸郎中村匡秀神戸大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ホームネットワークシステムでは,人のプレゼンスを利用することでより高度なサービスが可能となる.
我々は先行研究において,宅内におけるプレゼンスの一元的な取得・提供が可能となるフレームワーク,Continuous
Presence Sensor Service Framework(CPSSF)を提案した.
CPSSF ではセンサ付近に人がいるかどうかを表すプレゼンス尤度をデータベースに蓄積するが(プレゼンスログ),その活用方法や有効性についてはまだ検討されていない.
本稿ではプレゼンスログの活用方法の一つとして,プレゼンスログを元とした部屋状態の機械学習による推定について検討を行っている.
また,部屋状態の推定を活用したサービス例についても考察を行っている. 
(英) In the home network system (HNS), the advanced services can be provided by using human presence.
In our previous research, we have proposed Continuous Presence Sensor Service Framework (CPSSF).
CPSSF is a framework which estimates and provides human presence in houses.
CPSSF stores presence likelihood, which express
whether human is in near sensors, in database (presence log).
However, use case and the efficiency of presence log are not have been discussed previously.
In this paper, we discuss the method of estimating situation of rooms
by using machine learning as one of the use case of presence log. Furthermore, we also discuss some services which uses estimating situation of rooms.
キーワード (和) プレゼンスセンシング / ホームネットワークシステム / プレゼンスログ / Web サービ ス / 赤外線センサ / 決定木 / /  
(英) presence sensing / home network system / presence log / Web services / infrared sensors / decision tree / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 321, LOIS2014-30, pp. 27-32, 2014年11月.
資料番号 LOIS2014-30 
発行日 2014-11-14 (ISEC, SITE, LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC LOIS SITE  
開催期間 2014-11-21 - 2014-11-22 
開催地(和) 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 情報セキュリティ,ライフログ活用技術,ライフインテリジェンス,オフィス情報システム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2014-11-ISEC-LOIS-SITE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) プレゼンスセンシングのログを用いた部屋状態の推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) estimating situations of a room using presence sensing log 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プレゼンスセンシング / presence sensing  
キーワード(2)(和/英) ホームネットワークシステム / home network system  
キーワード(3)(和/英) プレゼンスログ / presence log  
キーワード(4)(和/英) Web サービ ス / Web services  
キーワード(5)(和/英) 赤外線センサ / infrared sensors  
キーワード(6)(和/英) 決定木 / decision tree  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 樫尾 勇樹 / Yuki Kashio / カシオ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柗本 真佑 / Shinsuke Matsumoto / マツモト シンスケ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐伯 幸郎 / Sachio Saiki / サイキ サチオ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 匡秀 / Masahide Nakamura / ナカムラ マサヒデ
第4著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-21 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-ISEC2014-60,IEICE-SITE2014-51,IEICE-LOIS2014-30 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.319(ISEC), no.320(SITE), no.321(LOIS) 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ISEC-2014-11-14,IEICE-SITE-2014-11-14,IEICE-LOIS-2014-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会