お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-18 17:05
Webブラウジングにおけるパケット損失と遅延のQoEへの影響評価と高遅延パケットの廃棄によるQoE改善手法の提案
森岡康史森広芳文清水健司浅井孝浩奥村幸彦NTTドコモMoNA2014-51
抄録 (和) モバイル通信ネットワークにおけるユーザ体感品質(Quality of Experience; QoE)の向上が求められている.QoEの向上のためには,サービス品質(Quality of Service; QoS)に対してQoEがどのような影響を及ぼしているかを明らかにすることが重要である.本検討では,Webブラウジング時のQoEとしてWebページの表示時間に着目し,パケット損失やパケット往復遅延時間といったQoS指標がQoEに与える影響について実験を通じて明らかにする.また,パケット損失とパケット往復遅延時間に対するQoEの感度の違いを考慮してパケットを廃棄することにより,QoEを向上させる方法を提案する. 
(英) QoE (Quality of Experience) enhancement is required in the mobile communication network. In order to provide a higher level of QoE, it is important to reveal the relation between QoE and QoS (Quality of Service). In this work, focusing on a display time of a Web browser as an criterion of QoE, the impacts of QoS to QoE will be revealed. And QoE improvement method will be proposed that will discard packets with consideration for the difference of the sensitivity of QoE to QoS.
キーワード (和) ユーザ体感品質 / QoE / サービス品質 / QoS / / / /  
(英) Quality of Experience / QoE / Quality of Service / QoS / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 308, MoNA2014-51, pp. 15-20, 2014年11月.
資料番号 MoNA2014-51 
発行日 2014-11-11 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoNA2014-51

研究会情報
研究会 IN MoNA  
開催期間 2014-11-18 - 2014-11-19 
開催地(和) 下関市勤労福祉会館 
開催地(英) Simonosekishi-Kinro-Fukushi-Kaikan 
テーマ(和) ユビキタスネットワーク、BYOD、移動端末制御ネットワーク技術、M2M通信制御、自己組織化・自律分散制御、モバイルソーシャルサービス、仮想化環境でのモバイルサービス、モバイルオフロード及び一般 
テーマ(英) Ubiquitous Network, BYOD, M2M, Contextware, Mobile Social Service, Mobile Service on Virtualization Environment, Mobile Offload, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2014-11-IN-MoNA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Webブラウジングにおけるパケット損失と遅延のQoEへの影響評価と高遅延パケットの廃棄によるQoE改善手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of the Impact on QoE of Packet Lost and Latency for Web Browsing and Proposal of the Method for QoE Improvement by Dropping High-latency Packets 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ユーザ体感品質 / Quality of Experience  
キーワード(2)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(3)(和/英) サービス品質 / Quality of Service  
キーワード(4)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森岡 康史 / Yasufumi Morioka / モリオカ ヤスフミ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森広 芳文 / Yoshifumi Morihiro / モリヒロ ヨシフミ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 健司 / Kenji Shimizu / シミズ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅井 孝浩 / Takahiro Asai / アサイ タカヒロ
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 幸彦 / Yukihiko Okumura / オクムラ ユキヒコ
第5著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-18 17:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2014-51 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.308 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoNA-2014-11-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会