電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-18 15:00
[ポスター講演]非線形コンバイナ型乱数生成器に対するSum-Product Algorithmを用いる攻撃に関する一考察
久保航汰齋藤翔太鎌塚 明松嶋敏泰早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 学習理論の問題で,変数同士に制約があるとき,既知の変数から未知の変数を推定する研究が行われている.変数を推定する1つの方法として,制約が表現されているグラフィカルモデル上でSum-Productアルゴリズム(SPA)を用いる方法がある.SPAを用いてグラフィカルモデル上で変数を推定する問題は,暗号理論においても研究されている.本稿では,ストリーム暗号における問題をグラフィカルモデルで表現し,SPAを用いて未知の変数を推定する問題を扱う.しかし,グラフィカルモデルにループができてしまい,計算精度が保証されない.そこで、どのようなグラフィカルモデル上でどのようなメッセージ伝播を行うかが重要となる.本稿では,グラフの作成法,メッセージの更新順序,硬判定するタイミングの3要素を変更しながら,SPAによる事後確率計算に関する考察を行う. 
(英) When parameters have some restrictions, we can present it on a graphical model and find the values of unknown parameters from the parameters that we know. The one method to estimate the values of unknown parameters is to apply Sum-Product Algorithm(SPA). This technique is also discussed in cryptology. In this paper, finding the value of unknown parameters in stream cipher by using SPA is discussed. Some loops exist in the graph, thus the result of SPA is not guaranteed. Therefore, we evaluate calculating posterior probabilities using SPA by changing shape of the graphical model, and by changing message passing schedule.
キーワード (和) ファクターグラフ / 硬判定 / メッセージの更新順序 / 非線形コンバイナ型乱数生成器 / Sum-Product Algorithm / / /  
(英) factor graph / message passing schedule / nonlinear combiner generator / Sum-Product Algorithm / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 306, IBISML2014-83, pp. 357-364, 2014年11月.
資料番号 IBISML2014-83 
発行日 2014-11-10 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2014-11-17 - 2014-11-19 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2014) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2014-11-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非線形コンバイナ型乱数生成器に対するSum-Product Algorithmを用いる攻撃に関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Note on Attack Against Nonlinear Combiner Generator Using Sum-Product Algorithm 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ファクターグラフ / factor graph  
キーワード(2)(和/英) 硬判定 / message passing schedule  
キーワード(3)(和/英) メッセージの更新順序 / nonlinear combiner generator  
キーワード(4)(和/英) 非線形コンバイナ型乱数生成器 / Sum-Product Algorithm  
キーワード(5)(和/英) Sum-Product Algorithm /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 航汰 / Kota Kubo / クボ コウタ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 翔太 / Shota Saito / サイトウ ショウタ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌塚 明 / Akira Kamatsuka / カマツカ アキラ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松嶋 敏泰 / Toshiyasu Matsushima / マツシマ トシヤス
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-18 15:00:00 
発表時間 180 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2014-83 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.306 
ページ範囲 pp.357-364 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IBISML-2014-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会