電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-18 15:00
[ポスター講演]対数線形モデル高速学習のための基底関数
高畠一哉赤穂昭太郎産総研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 離散変数対数線形モデルに対して以下の優れた特徴を持つ基底関数の組とそれを用いた高速学習アルゴリズムを提案する.
1) 基底数が大きく分布を表す表現力が高い.
基底数を最大限にとれば任意のGibbs分布を表現することも可能.
2) 対数尤度の勾配ベクトルを基底数の対数に比例する計算量で計算できる.
このため基底数が多くとも計算量爆発を起こさない.
3) 学習におけるスコア最小化に特別な反復法を用いる.
この反復法は微分不可能な凸関数にも使え,さらに最小値への収束は簡単な必要十分条件により保証される. 
(英) We propose basis functions for log-linear models and a fast learning algorithm that works on these bases.
These bases and the fast learning algorithm have the following preferable properties.
1) The number of bases is large so that the bases can represent distributions flexibly.
If we take the maximum number of bases, they are able to represent any Gibbs distributions.
2) The gradient vector of the log-likelihood is computed by a fast algorithm whose computational costs are proportional to the logarithm of the number of basis.
Therefore, the large number of bases does not invite massive computations.
3) For the learning task, a special iterative method is used for minimizing score.
It even works for non-differentiable convex functions; furthermore, its convergence to the minimum is guaranteed under a simple necessary and sufficient condition.
キーワード (和) 対数線形モデル / 基底関数 / 高速アルゴリズム / 反復法 / L_1正則化 / / /  
(英) log-lenear model / basis function / fast algoritm / iterative method / L_1 regularization / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 306, IBISML2014-76, pp. 307-312, 2014年11月.
資料番号 IBISML2014-76 
発行日 2014-11-10 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2014-11-17 - 2014-11-19 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2014) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2014-11-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 対数線形モデル高速学習のための基底関数 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Basis functions for fast learning of log-linear models 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 対数線形モデル / log-lenear model  
キーワード(2)(和/英) 基底関数 / basis function  
キーワード(3)(和/英) 高速アルゴリズム / fast algoritm  
キーワード(4)(和/英) 反復法 / iterative method  
キーワード(5)(和/英) L_1正則化 / L_1 regularization  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高畠 一哉 / Kazuya Takabatake / タカバタケ カズヤ
第1著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤穂 昭太郎 / Shotaro Akaho /
第2著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-18 15:00:00 
発表時間 180 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2014-76 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.306 
ページ範囲 pp.307-312 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IBISML-2014-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会