電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-18 15:00
[ポスター講演]Parallel Distributed Block Coordinate Descent Methods based on Pairwise Comparison Oracle
Kota MatsuiNagoya Inst. of Tech.)・Wataru KumagaiKanagawa Univ.)・Takafumi KanamoriNagoya Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文では, 制約無し最適化問題に対するブロック座標降下法を提案する. 提案法では, 関数値や関数の勾 配といった情報は要求されず, 代わりに関数値の一対比較の情報のみが用いられる. 提案法は, 探索方向決定ステップ と直線探索ステップに分かれている. 探索方向決定ステップではニュートン型の探索方向を計算し, 直線探索ステップ でその方向を二分探索する. 探索方向ステップの計算は簡単に並列化可能なため, 提案法は効率的に関数の最小化を行 うことができる. これは数値実験における既存手法との比較によっても示される. また, 本論文では提案法の収束レー トの上界も与える. 
(英) This paper provides a block coordinate descent algorithm to solve unconstrained optimization prob- lems. In our algorithm, computation of function values or gradients is not required. Instead, pairwise comparison of function values is used. Our algorithm consists of two steps; one is the direction estimate step and the other is the search step. In the direction estimate step, a Newton type search direction is estimated. In the search step, a numerical solution is updated along the estimated direction. The computation in the direction estimate step can be easily parallelized, and thus, the algorithm works efficiently to find the minimizer of the objective function. Also, we show an upper bound of the convergence rate. In numerical experiments, we show that our method efficiently finds the optimal solution compared to some existing methods based on the pairwise comparison.
キーワード (和) derivative-free optimization / pairwise comparison oracle / ブロック座標降下法 / 並列計算 / / / /  
(英) derivative-free optimization / pairwise comparison oracle / block coordinate descent / parallel computation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 306, IBISML2014-67, pp. 243-250, 2014年11月.
資料番号 IBISML2014-67 
発行日 2014-11-10 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2014-11-17 - 2014-11-19 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2014) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2014-11-IBISML 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Parallel Distributed Block Coordinate Descent Methods based on Pairwise Comparison Oracle 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) derivative-free optimization / derivative-free optimization  
キーワード(2)(和/英) pairwise comparison oracle / pairwise comparison oracle  
キーワード(3)(和/英) ブロック座標降下法 / block coordinate descent  
キーワード(4)(和/英) 並列計算 / parallel computation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松井 孝太 / Kota Matsui / マツイ コウタ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊谷 亘 / Wataru Kumagai / クマガイ ワタル
第2著者 所属(和/英) 神奈川大学 (略称: 神奈川大)
Kanagawa University (略称: Kanagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金森 敬文 / Takafumi Kanamori / カナモリ タカフミ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-18 15:00:00 
発表時間 180 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2014-67 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.306 
ページ範囲 pp.243-250 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IBISML-2014-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会