電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-18 15:00
[ポスター講演]分類問題におけるクラスバランス変化への対処法:エネルギー距離を用いたクラス事前確率の推定
川久保秀子東工大)・ドゥ・プレシ マーティヌス・クリストフェル杉山 将東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 標本選択バイアスや環境の非定常性により,訓練標本とテスト標本のクラスのバランスが変化することがある.このような状況で訓練標本を用いて通常通り学習を行うと,学習結果にバイアスが残ってしまう.このバイアスは,テスト標本のクラスのバランスで重みを付けて学習することにより補正できるが,実際の場面ではテスト標本のクラスバランスが未知であることが多い.本論文では,ラベル付きの訓練標本とラベルなしのテスト標本が与えられる半教師付き学習の問題を考え,テスト標本のクラスバランスを推定する方法を論じる.テスト標本のクラスバランスは,クラス毎の訓練入力分布の混合モデルをテスト入力分布に適合させることによって推定できることが示されており,これまでにカルバック・ライブラー距離や $L_2$ 距離などのもとでの推定法が提案されている.本論文では,エネルギー距離を用いた簡便なクラスバランス推定法を提案し,その有効性を計算機実験により示す. 
(英) Due to sample selection bias or non-stationarity of the environment, the class balance often changes between training and test datasets. Naive classifier training under such a situation yields a biased solution. This bias can be corrected by weighted training according to the test class balance, but this test class balance is often unknown in practice. In this paper, we consider a semi-supervised learning setup where labeled training samples and unlabeled test samples are available, and address the problem of class balance estimation. It was shown that the test class balance can be estimated by fitting a mixture of class-wise training input distributions to the test input distribution, and class balance estimators were developed under, e.g., the Kullback-Leibler divergence and the $L_2$ distance. In this paper, we propose a simple class balance estimator based on the energy distance and demonstrate its usefulness through experiments.
キーワード (和) クラスバランス変化 / クラス事前確率 / エネルギー距離 / / / / /  
(英) Class balance change / Class-prior estimation / Energy distance / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 306, IBISML2014-71, pp. 271-278, 2014年11月.
資料番号 IBISML2014-71 
発行日 2014-11-10 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2014-11-17 - 2014-11-19 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2014) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2014-11-IBISML 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 分類問題におけるクラスバランス変化への対処法:エネルギー距離を用いたクラス事前確率の推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Coping with Class Balance Change in Classification : Class-Prior Estimation with Energy Distance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クラスバランス変化 / Class balance change  
キーワード(2)(和/英) クラス事前確率 / Class-prior estimation  
キーワード(3)(和/英) エネルギー距離 / Energy distance  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川久保 秀子 / Hideko Kawakubo / カワクボ ヒデコ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ドゥ・プレシ マーティヌス・クリストフェル / Marthinus Christoffel du Plessis / ドゥ・プレシ マーティヌス・クリストフェル
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 将 / Masashi Sugiyama / スギヤマ マサシ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-18 15:00:00 
発表時間 180 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2014-71 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.306 
ページ範囲 pp.271-278 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IBISML-2014-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会