電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-17 17:00
[ポスター講演]Regularized multi-task learning for multi-dimensional log-density gradient estimation
Ikko YamaneTokyo Inst. of Tech.)・Hiroaki SasakiMasashi SugiyamaUniv. of Tokyo
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (事前公開アブストラクト) Least-squares log-density gradient (LSLDG) is a recently proposed method to directly estimate the gradients of log-densities. In this work, we apply regularized multi-task learning to multi-dimensional LSLDG and show its usefulness. 
(英) Log-density gradient estimation is a fundamental statistical problem and it has various practical applications such as clustering and a measure for non-Gaussianity. A naive two-step approach of rst estimating
the density and then taking its log-gradient does not perform well because an accurate density estimate does not
necessarily lead to an accurate log-density gradient estimate. To cope with this problem, a method to directly estimate the log-density gradient without density estimation was explored. However, even with the direct estimator,
high-dimensional log-density gradient estimation is still challenging. In this paper, we propose to apply regularized
multi-task learning to direct log-density gradient estimation and show its usefulness experimentally.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) multi-task learning / log-density gradient estimation / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 306, IBISML2014-58, pp. 177-183, 2014年11月.
資料番号 IBISML2014-58 
発行日 2014-11-10 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2014-11-17 - 2014-11-19 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2014) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2014-11-IBISML 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Regularized multi-task learning for multi-dimensional log-density gradient estimation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / multi-task learning  
キーワード(2)(和/英) / log-density gradient estimation  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山根 一航 / Ikko Yamane / ヤマネ イッコウ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 博昭 / Hiroaki Sasaki / ササキ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 将 / Masashi Sugiyama / スギヤマ マサシ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-17 17:00:00 
発表時間 180 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2014-58 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.306 
ページ範囲 pp.177-183 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-IBISML-2014-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会