電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-17 17:00
[ポスター講演]多チャンネル階乗隠れマルコフモデルによる音響情景分析のための統合的アプローチ
樋口卓哉東大)・亀岡弘和東大/NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,音源分離・音響イベント検出・残響除去・音源の到来方向推定という,音響情景分析に関する諸問題を取り扱う.これら音響情景分析に関する問題の根幹にあるのは,ブラインド音源分離の問題である.ブラインド音源分離の問題は不良設定問題であり,一般に音源に関して何らかの仮定を置かない限り,解を限定し解くことができない.本稿では,音響情景分析に関する諸問題が相互依存の関係にあることに着目し,音響情景に関する様々なパラメータによって観測信号を確率的にモデル化することで,ブラインド音源分離の問題における解を限定すると共に,パラメータ推論を通して統合的に音響情景分析を行う手法を提案する. 
(英) This paper deals with the problems of audio source separation, audio event detection, dereverberation and DOA estimation. We focus on the fact that these problems are interdependent, and propose an unified approach for these problem. We model the generative process of observed signals with parameters each of which corresponds to a specific aspect of an audio source. Through the parameter inference, We can simultaneously salve the problems of auditory scene analysis.
キーワード (和) 非負値行列因子分解 / ブラインド音源分離 / 残響除去 / 音響イベント検出 / DOA / / /  
(英) non-negative matrix factorization / blind source separation / dereverberation / audio event detection / DOA / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 306, IBISML2014-57, pp. 169-176, 2014年11月.
資料番号 IBISML2014-57 
発行日 2014-11-10 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2014-11-17 - 2014-11-19 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2014) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2014-11-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多チャンネル階乗隠れマルコフモデルによる音響情景分析のための統合的アプローチ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Unified approach for auditory scene analysis based on multichannel factorial hidden Markov model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非負値行列因子分解 / non-negative matrix factorization  
キーワード(2)(和/英) ブラインド音源分離 / blind source separation  
キーワード(3)(和/英) 残響除去 / dereverberation  
キーワード(4)(和/英) 音響イベント検出 / audio event detection  
キーワード(5)(和/英) DOA / DOA  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 卓哉 / Takuya Higuchi / ヒグチ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀岡 弘和 / Hirokazu Kameoka / カメオカ ヒロカズ
第2著者 所属(和/英) 東京大学/日本電信電話株式会社 (略称: 東大/NTT)
The University of Tokyo/Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: Univ. of Tokyo/NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-17 17:00:00 
発表時間 180 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2014-57 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.306 
ページ範囲 pp.169-176 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IBISML-2014-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会