お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-14 09:00
蓄積運搬転送型ルーチングにおける端末密度に基づく適応的転送確率制御
城之内達郎木村共孝松田崇弘滝根哲哉阪大CQ2014-79
抄録 (和) 端末間の接続性が弱いモバイルアドホックネットワークにおけるメッセージ転送方式として,端末密度推定に基づく確率的蓄積運搬転送型ルーチング(Store-Carry-Forward Routing) が提案されている.この方式では,端末密度の高い領域では小さい転送確率,低い領域では高い転送確率を用いて確率的にメッセージの複製を転送することによって,少ない複製数で効率的なメッセージ転送が可能となる.しかし,生成されたメッセージが宛先端末に到達後,網内の複製が削除されるまでの時間が長い場合には,複製の拡散が抑制できない.本稿では,この問題を解決するため,適応的転送確率制御を導入して,上記の方式を拡張する.この提案方式では,端末密度の高い領域において,メッセージの複製が転送される度に転送確率を下げることによって,複製の拡散を適応的に制御する.シミュレーション実験により,メッセージ配送遅延と転送回数に関して提案方式の有効性を示す. 
(英) Store-Carry-Forward Routing is one of the most important techniques in sparsely populated mobile ad-hoc networks. In order to reduce the number of message copies in networks, a probabilistic store-carry-forward routing scheme based on node density estimation has been proposed so far. In this routing scheme, the forwarding probability is set to be low in high node density areas, while it is set to be high in low node density areas. Note that this routing scheme can spread excessively many copies of a message over the network if recovery delay of the message is large, where recovery delay of a message is defined as the duration from the time instant at which the message is generated at the source node to the time instant at which all message copies are eliminated from the network. In order to solve this problem, we extend the above routing scheme by means of an adaptive forwarding probability control, where the forwarding probability of a message is reduced every time its copy is forwarded to a node. With simulation experiments, we evaluate the performance of the proposed scheme in terms of the mean delivery delay and the number of forwarded message copies.
キーワード (和) モバイルアドホックネットワーク / 蓄積運搬転送型ルーチング / 端末密度推定 / 適応的転送確率制御 / / / /  
(英) mobile ad-hoc network / probabilistic store-carry-forward routing / node density estimation / adaptive forwarding probability control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 298, CQ2014-79, pp. 47-52, 2014年11月.
資料番号 CQ2014-79 
発行日 2014-11-06 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2014-79

研究会情報
研究会 ICM CQ NS NV  
開催期間 2014-11-13 - 2014-11-14 
開催地(和) 高知市文化プラザかるぽーと 
開催地(英) Kochi-City-Culture-Plaza CUL-PORT 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般 
テーマ(英) Network Quality, Network Measurement and Management, Network Virtualization, Network Service, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2014-11-ICM-CQ-NS-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 蓄積運搬転送型ルーチングにおける端末密度に基づく適応的転送確率制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Adaptive Forwarding Probability Control Based on Node Density in Store-Carry-Forward Routing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モバイルアドホックネットワーク / mobile ad-hoc network  
キーワード(2)(和/英) 蓄積運搬転送型ルーチング / probabilistic store-carry-forward routing  
キーワード(3)(和/英) 端末密度推定 / node density estimation  
キーワード(4)(和/英) 適応的転送確率制御 / adaptive forwarding probability control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 城之内 達郎 / Tatsuro Jonouchi / ジョウノウチ タツロウ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 共孝 / Tomotaka Kimura / キムラ トモタカ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 崇弘 / Takahiro Matsuda / マツダ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝根 哲哉 / Tetsuya Takine / タキネ テツヤ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-14 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2014-79 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.298 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2014-11-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会