お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-14 16:00
クラウド事業向けサービスレベル監視基盤の提案と評価
佐藤竜也吉澤政洋日立ICM2014-31
抄録 (和) クラウドサービス事業者が,顧客と合意したサービスレベル項目(Service Level Objective, SLO)について,その実績値を計算し,顧客に提示することが求められ始めている.この実績値の計算は手作業を要するため,大きな工数がかかる.本研究では,SLO実績値の自動計算機能を備えた監視基盤を提案する.本提案の監視基盤は,稼働データ等に基づき,サービスレベルが低下している時間帯の発見,およびその原因の推測を自動で行う.SLOとして月次のVirtual Machine(VM)稼働率を想定し,SLO実績値の計算工数を試算した結果,VM 10,000台の場合に,従来125人日かかる工数が,計算自動化によりほぼ0となる見込みを得た.したがって,本提案の監視基盤は,SLO実績値計算の効率化に有効であることが確認できた. 
(英) Cloud service providers set service level objectives (SLOs) based on service level agreements (SLAs) made with their customers. The providers need to calculate the SLOs manually and show the calculated ones to the customers. Such manual calculations require a lot of operational cost for the providers. In this paper, we propose a monitoring platform that has a function to calculate the SLOs automatically. The proposed platform can detect service level degradations and their root causes by using logs and rules. We estimated operational costs in a typical use case that creates monthly SLA compliance reports which include availability of each virtual machine (VM). The result showed that the proposed platform reduced 125 person-days for creating the reports for 10,000 VMs compared to traditional manual operations. It is suggested that the proposed platform is effective for calculating the SLOs.
キーワード (和) SLA / SLO / サービスレベル監視 / サービス運用管理 / クラウドサービス / IaaS / PaaS / SaaS  
(英) SLA / SLO / Service Level Monitoring / Service Operations and Management / Cloud Service / IaaS / PaaS / SaaS  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 299, ICM2014-31, pp. 87-92, 2014年11月.
資料番号 ICM2014-31 
発行日 2014-11-06 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2014-31

研究会情報
研究会 ICM CQ NS NV  
開催期間 2014-11-13 - 2014-11-14 
開催地(和) 高知市文化プラザかるぽーと 
開催地(英) Kochi-City-Culture-Plaza CUL-PORT 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般 
テーマ(英) Network Quality, Network Measurement and Management, Network Virtualization, Network Service, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2014-11-ICM-CQ-NS-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) クラウド事業向けサービスレベル監視基盤の提案と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal and Evaluation of Service Level Monitoring Platform for Cloud Services 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SLA / SLA  
キーワード(2)(和/英) SLO / SLO  
キーワード(3)(和/英) サービスレベル監視 / Service Level Monitoring  
キーワード(4)(和/英) サービス運用管理 / Service Operations and Management  
キーワード(5)(和/英) クラウドサービス / Cloud Service  
キーワード(6)(和/英) IaaS / IaaS  
キーワード(7)(和/英) PaaS / PaaS  
キーワード(8)(和/英) SaaS / SaaS  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 竜也 / Tatsuya Sato / サトウ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 株式会社日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉澤 政洋 / Masahiro Yoshizawa /
第2著者 所属(和/英) 株式会社日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-14 16:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2014-31 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.299 
ページ範囲 pp.87-92 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2014-11-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会