お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-14 13:25
8状態トレリス符号化4D-QPSK光変調方式の実験的検証
石村昇太菊池和朗東大OCS2014-88
抄録 (和) 近年、コヒーレント光通信システムにおいて、IQ平面および偏波を用いた4次元空間での変調方式が注目を集めている。我々は過去に、トレリス符号化変調におけるセット分割法を4次元に拡張した、8状態トレリス符号化光変調方式を提案した。本論文ではその原理確認のため、8状態トレリス符号化4D-QPSK方式のback-to-back符号誤り率測定による実験的検証を行ったので報告する。この実験により、本提案手法は誤り率が$10^{-3}$において偏波多重QPSKに比べて4 dB程度の受信感度の改善が確認できた。 
(英) Recently, in coherent optical communication systems, 4-dimesnional (4D) modulation formats designed by using two degrees of freedom of the in-phase and quadrature (IQ) components and two degrees of freedom of the state of polarization (SOP) have attracted a lot of attention. By appling set-partitioning in such a 4D vector space, we have proposed the 8-state trellis-coded modulation (TCM) scheme with 4D-QAM constellations. In this paper, we experimentally evaluate the back-to-back bit-error rate (BER) performance of the 8-state Trellis-coded 4D-QPSK scheme. BER measurements show that at BER of $10^{-3}$), the 8-state Trellis-coded 4D-QPSK scheme provides 4-dB sensitivity improvement, compared with the dual-polarizaiton QPSK (DP-QPSK) scheme at the same boud rate.
キーワード (和) 4次元変調方式 / トレリス符号化変調 / PS-QPSK / / / / /  
(英) 4-dimensional modulation format4-dimensional modulation format / Trellis-coded modulation / PS-QPSK / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 300, OCS2014-88, pp. 71-76, 2014年11月.
資料番号 OCS2014-88 
発行日 2014-11-06 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2014-88

研究会情報
研究会 ITE-BCT OCS OFT IEE-CMN  
開催期間 2014-11-13 - 2014-11-14 
開催地(和) NHK広島放送局 
開催地(英)  
テーマ(和) 放送システム、CATV、放送素材伝送システム、伝送路符号化、情報源符号化、HDTVおよびUHDTV、放送通信連携、光ファイバ配線敷設・保守運用技術、光ファイバ特性測定、光ファイバ特性解析、光ケーブル・光コード、各種用途光ファイバ、光増幅器・光中継装置、光/電気クロスコネクト・OADM、光/電気多重・分離、光送受信機、光端局装置、ディジタル信号処理・誤り訂正、光通信計測、データコム用光通信機器、光変復調方式、ディジタル信号処理アルゴリズム、コヒーレント光通信、光増幅・中継技術、非線形・偏波技術、空間・可視光伝送、量子通信・暗号化技術、空間分割多重(SDM)伝送技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2014-11-BCT-OCS-OFT-CMN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 8状態トレリス符号化4D-QPSK光変調方式の実験的検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental demonstration of 8-state Trellis-coded 4D-QPSK optical modulation scheme 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 4次元変調方式 / 4-dimensional modulation format4-dimensional modulation format  
キーワード(2)(和/英) トレリス符号化変調 / Trellis-coded modulation  
キーワード(3)(和/英) PS-QPSK / PS-QPSK  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石村 昇太 / Shota Ishimura /
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 和朗 / Kazuro Kikuchi /
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-14 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2014-88 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.300 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2014-11-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会