お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-14 11:15
放送通信同期合成のための大規模プッシュ配信システムの検討
田中 壮西村 敏遠藤洋介NHKNS2014-141
抄録 (和) 放送と通信の高精度な同期を必要とする放送通信連携サービスの実現を目指し,通信コンテンツの一斉配信を行う際に端末間の受信時刻の差(受信遅延差)の抑制を可能とするプッシュ配信方式を提案する.提案方式では,通信コンテンツを受信する各端末のRTTを考慮し,配信サーバにおいて配信時刻を調整する.本稿では,まず配信サーバが1台の場合において,提案方式が受信遅延差を抑制できることをシミュレーションにより確認した.次に,配信サーバを複数使用する大規模配信において,提案方式を適用するための配信サーバ選択方式について検討し,受信遅延差を評価した.この配信サーバ選択方式が従来の方式に比べ,受信遅延差を抑制できることをシミュレーションにより確認したので報告する. 
(英) We have developed a push content delivery technology for realizing services of integrating broadcasting with the Internet. In order to provide services with high synchronization between the broadcast programs and the push contents, we propose a new push content delivery method for simultaneous reception of the push contents. In the proposed method, a delivery server controls the output timing of the contents by considering clients’ RTT. In this report, we evaluated the performance of the proposed push content delivery method for suppressing the reception delay between clients in the case of a single server by simulation. Next, we also propose a server selection method for applying the proposed push content delivery method under large-scale conditions. We evaluated the performance of the proposed server selection method by simulation. We confirmed the proposed server selection method could be suppressed the reception delay than the conventional server selection method.
キーワード (和) 放送通信連携 / プッシュ配信 / 高精度同期 / / / / /  
(英) synchronization between broadcasting and communications / push content delivery / high synchronization / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 297, NS2014-141, pp. 75-80, 2014年11月.
資料番号 NS2014-141 
発行日 2014-11-06 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2014-141

研究会情報
研究会 ICM CQ NS NV  
開催期間 2014-11-13 - 2014-11-14 
開催地(和) 高知市文化プラザかるぽーと 
開催地(英) Kochi-City-Culture-Plaza CUL-PORT 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般 
テーマ(英) Network Quality, Network Measurement and Management, Network Virtualization, Network Service, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2014-11-ICM-CQ-NS-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 放送通信同期合成のための大規模プッシュ配信システムの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Large-Scale Push Content Delivery System for Synchronization between Broadcast Programs and Push Contents 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 放送通信連携 / synchronization between broadcasting and communications  
キーワード(2)(和/英) プッシュ配信 / push content delivery  
キーワード(3)(和/英) 高精度同期 / high synchronization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 壮 / So Tanaka / タナカ ソウ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 敏 / Satoshi Nishimura / ニシムラ サトシ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 洋介 / Yosuke Endo /
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-14 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-141 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.297 
ページ範囲 pp.75-80 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2014-11-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会