お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-14 15:35
[奨励講演]EMS設定制御負荷平準化技術への時系列モデル適用とレイテンシ予測に基づく設備量算出手法の提案
坂田浩亮NTT東日本)・田原光穂NTTICM2014-30
抄録 (和) 顧客のNWサービス契約を契機に発生するEMSへのサービス設定要求は,季節・時刻および地域によって頻度が変動している.要求には即時処理が求められるものがあるため,EMSはこうした要求に即応するべく,最大負荷時のEMS性能需要を想定して設備を増設してきた.しかし,最大負荷時以外は本来EMS性能需要が小さいため,この対応は設備効率が悪い.
筆者らは,EMSの設備資源を最大限に利用可能にすることを目的に,EMS性能余力に基づいた適切な負荷平準化(ピークシフト)方式について検討してきた.本稿では筆者らの先行研究を応用し,要求発生から処理実行までのタイムラグを示すレイテンシ予測に基づき,キャリア網の運用で重要となる適切なEMS性能需要を算出する手法を提案する. 
(英) The service configuration requests to EMSs that are generated in response to contracts of NW service with customers, the frequency is varying by region and season and time. Since these requests include some requests that are required to process immediately, we have to invest in CAPEX and OPEX by assuming the EMS performance demand at maximum load in order to responsive to any requests. However, because EMS performance demand is less except the maximum load in ordinary circumstances, the action is inefficient.
We have been studying on the available EMS performance based appropriate load leveling (peak shift) method for the purpose of making available to maximize the plant resources of EMSs. In this paper, we propose a method of calculating the appropriate EMS performance demand based latency prediction of the time lag of up to process starting from the request generation, which is important in the operation of the carrier network.
キーワード (和) コマンドシナリオ / サービスオーダ / EMS / Holt-Winters法 / 指数平滑法 / レイテンシ予測 / /  
(英) Command scenario / Service order / EMS / Holt-Winters / Exponential smoothing / Latency prediction / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 299, ICM2014-30, pp. 81-86, 2014年11月.
資料番号 ICM2014-30 
発行日 2014-11-06 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2014-30

研究会情報
研究会 ICM CQ NS NV  
開催期間 2014-11-13 - 2014-11-14 
開催地(和) 高知市文化プラザかるぽーと 
開催地(英) Kochi-City-Culture-Plaza CUL-PORT 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般 
テーマ(英) Network Quality, Network Measurement and Management, Network Virtualization, Network Service, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2014-11-ICM-CQ-NS-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) EMS設定制御負荷平準化技術への時系列モデル適用とレイテンシ予測に基づく設備量算出手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Applying Time-Series Models to Load Leveling Process and Latency Prediction Based Appropriate EMS Demand Estimation Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コマンドシナリオ / Command scenario  
キーワード(2)(和/英) サービスオーダ / Service order  
キーワード(3)(和/英) EMS / EMS  
キーワード(4)(和/英) Holt-Winters法 / Holt-Winters  
キーワード(5)(和/英) 指数平滑法 / Exponential smoothing  
キーワード(6)(和/英) レイテンシ予測 / Latency prediction  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂田 浩亮 / Kosuke Sakata / サカタ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 東日本電信電話株式会社 (略称: NTT東日本)
Nippon Telegraph and Telephone East Corporation (略称: NTT East)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田原 光穂 / Mitsuho Tahara / タハラ ミツホ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-14 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2014-30 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.299 
ページ範囲 pp.81-86 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2014-11-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会