お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-14 14:10
Webブラウジングの閲覧方法を考慮したQoE評価法
富永聡子佐藤哉子増田征貴青木仁志NTTCQ2014-84
抄録 (和) Web ブラウジングの主観品質評価法としてITU-T P.1501 が勧告されている.P.1501 では,ネットワーク品質やアプリケーション品質に対するユーザ体感品質(Quality of Experience : QoE) を定量化することを目的に,実験装置,ユーザ端末,評価者,品質パラメータ等の実験条件のほか,コンテンツ,評価尺度,閲覧方法などの実施方法が規定されており,閲覧方法については,タスク規定モードと自由閲覧モードの2 つが規定されている.タスク規定モードでは,QoE 評価特性がタスクの組み合わせや実施順序に依存する可能性があるが,これらに対する検討は十分できていない.また,自由閲覧モードでは,条件あたりのWeb ブラウジングの閲覧時間に範囲が設けられているが,閲覧時間の違いがQoE 評価特性に与える影響については明らかになっていない.さらに,タスク規定モードと自由閲覧モードとで得られるQoE 評価特性の関係は明らかになっていない.本検討では,上記のWeb ブラウジング評価時の閲覧方法の違いがQoE 評価に及ぼす影響を明らかにするため,3 種類のWeb サイト(Social Networking Service
(SNS),乗換案内,ニュース)を対象に主観品質評価実験を実施した.その結果,SNS サイトではタスク規定モードではタスク順序が異なってもQoE 評価特性は同じであることを確認した.また3 種類のWeb サイトで確認した結果,勧告で規定されている自由閲覧モードの閲覧時間のうち,60 秒と120 秒では同じQoE 評価特性であること,自由閲覧モードとタスク規定モードでは,閲覧方法によらず遅延時間に対するQoE 評価特性は同じであることを明らかにした. 
(英) ITU-T P.1501 has recommended a subjective testing methodology for web browsing. This method generally applies to clarify the Quality of Experience (QoE) characteristics for network performance as well as
application performance. Test facilities, end user devices, participants, quality parameters, and test procedures are described in this recommendation. There are two web-browsing modes, task-dependent and free-browsing. We point out the evaluation issues related to web-browsing modes are as follows. In the task-dependent mode, the QoE characteristics are thought to be dependent on the order of tasks, but these QoE characteristics have not been evaluated. The browsing time in the free-browsing mode is set between 60 and 120 sec, but it is not clear that browsing time affects the QoE characteristics. The relationship between the QoE characteristics in the task-dependent and free-browsing modes are not clear. Therefore, we clari ed the above issues through subjective tests for three websites (SNS, transit, news). We obtained the following results. The QoE characteristics among different orders of SNS site's tasks were the same in the task-dependent mode. As for the three websites, the QoE characteristics for browsing time of 60 and 120 sec were the same in the free-browsing mode. Moreover, the QoE characteristics of delay time between the task-dependent and free-browsing modes were the same for the three websites.
キーワード (和) Web ブラウジング / QoE / 主観品質評価 / 閲覧方法 / P.1501 / / /  
(英) Web browsing / QoE / Subjective quality / task-dependent mode / free-browsing mode / P.1501 / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 298, CQ2014-84, pp. 77-82, 2014年11月.
資料番号 CQ2014-84 
発行日 2014-11-06 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2014-84

研究会情報
研究会 ICM CQ NS NV  
開催期間 2014-11-13 - 2014-11-14 
開催地(和) 高知市文化プラザかるぽーと 
開催地(英) Kochi-City-Culture-Plaza CUL-PORT 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般 
テーマ(英) Network Quality, Network Measurement and Management, Network Virtualization, Network Service, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2014-11-ICM-CQ-NS-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Webブラウジングの閲覧方法を考慮したQoE評価法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) QoE Assessment Methods for Web-browsing Based on Browsing Modes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Web ブラウジング / Web browsing  
キーワード(2)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(3)(和/英) 主観品質評価 / Subjective quality  
キーワード(4)(和/英) 閲覧方法 / task-dependent mode  
キーワード(5)(和/英) P.1501 / free-browsing mode  
キーワード(6)(和/英) / P.1501  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 富永 聡子 / Toshiko Tominaga / トミナガ トシコ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 哉子 / Kanako Sato / サトウ カナコ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 征貴 / Masataka Masuda / マスダ マサタカ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 仁志 / Hitoshi Aoki / アオキ ヒトシ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-14 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2014-84 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.298 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2014-11-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会