お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-14 15:10
ネットワーク通信品質の記憶性がWeb利用時のユーザ通信行動に与える影響の分析
小頭秀行福元徳広新井田 統阿野茂浩KDDI研)・荒川伸一村田正幸阪大NS2014-144
抄録 (和) 通信品質の指標がQoSからQoEへと変わる中,通信ネットワークの設計についてもユーザ視点での取り組みが進められている.筆者らは,通信ネットワークとユーザのインタラクションに着目をしたネットワーク設計手法について検討を行ってきた.本稿では,パッシブに測定した通信トラヒックデータを用いて,通信品質と通信行動との関係を分析し,ユーザが経験する通信品質に記憶性があることを示す.具体的には,現在と過去の品質差分を算出し,その結果がユーザの通信継続特性に影響していることを示す. 
(英) As the contents of the Internet become richer, quality of communication network plays a key role in determining the perceived experience of users. Consequently, understanding both QoS of the communication network and QoE of users, in terms of user and network interaction, are becoming increasingly important. In this paper, we analyze the effect of memory bias of network quality on user behavior in a flow of web browsing. We utilize a method to convert passively monitored telecommunication traffic into units of user actions and behaviors which correlates highly with the QoE of users. We show that there exists a memory bias where the user’s experience and behavior is affected not only by the current network quality, but also by the series of qualities in the past.
キーワード (和) 通信品質 / 通信行動 / QoE / パッシブ測定 / 記憶性 / / /  
(英) Network Quality / Communication Behavior / QoE / Passive Monitoring / Memory Bias / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 297, NS2014-144, pp. 93-98, 2014年11月.
資料番号 NS2014-144 
発行日 2014-11-06 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2014-144

研究会情報
研究会 ICM CQ NS NV  
開催期間 2014-11-13 - 2014-11-14 
開催地(和) 高知市文化プラザかるぽーと 
開催地(英) Kochi-City-Culture-Plaza CUL-PORT 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般 
テーマ(英) Network Quality, Network Measurement and Management, Network Virtualization, Network Service, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2014-11-ICM-CQ-NS-NV 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) ネットワーク通信品質の記憶性がWeb利用時のユーザ通信行動に与える影響の分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Memory Bias of Network Quality to Users' Communication Behavior during Web Browsing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 通信品質 / Network Quality  
キーワード(2)(和/英) 通信行動 / Communication Behavior  
キーワード(3)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(4)(和/英) パッシブ測定 / Passive Monitoring  
キーワード(5)(和/英) 記憶性 / Memory Bias  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小頭 秀行 / Hideyuki Koto / コトウ ヒデユキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI R&D Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福元 徳広 / Norihiro Fukumoto / フクモト ノリヒロ
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI R&D Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井田 統 / Sumaru Niida / ニイダ スマル
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI R&D Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿野 茂浩 / Shigehiro Ano / アノ シゲヒロ
第4著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI R&D Labs.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒川 伸一 / Shin'ichi Arakawa / アラカワ シンイチ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata /
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-14 15:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-144 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.297 
ページ範囲 pp.93-98 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2014-11-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会