お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-13 13:40
[招待講演]圧縮センシングを用いた多次元無線トモグラフィ
松田崇弘阪大)・原 晋介阪市大)・滝沢賢一小野文枝三浦 龍NICTNS2014-132 CQ2014-75 ICM2014-23
抄録 (和) 無線トモグラフィは,建物等の閉領域の外部から入力された信号電力の減衰量より,領域内の各地点における信号減衰量の空間分布を推定するための手法である.無線トモグラフィは線形逆問題として定式化でき,信号減衰量の空間分布の相関が強い場合には,圧縮センシングにより効率的に実現することができる.本稿では,3次元あるいは4 次元空間上で定式化した多次元無線トモグラフィをテンソル型圧縮センシングにより実現する手法について検討する.シミュレーション実験により多次元無線トモグラフィの性能評価を行い,その有効性を検証する. 
(英) Wireless tomography is an inference technique for a spatial distribution of shadowing loss within a region by analyzing wireless signals traversed across the region. Compressed sensing is a promising approach for wireless tomography when the spatial distribution is highly correlated. In this article, in order to estimate the spatial distribution of a two and higher dimensionally structured monitored region, we study a multi-dimensional wireless tomography with tensor-based compressed sensing. With simulation experiments, we evaluate the performance of the multi-dimensional wireless tomography.
キーワード (和) 無線トモグラフィ / 圧縮センシング / テンソル / / / / /  
(英) Wireless Tomography / Compressed Sensing / Tensor / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 298, CQ2014-75, pp. 25-30, 2014年11月.
資料番号 CQ2014-75 
発行日 2014-11-06 (NS, CQ, ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2014-132 CQ2014-75 ICM2014-23

研究会情報
研究会 ICM CQ NS NV  
開催期間 2014-11-13 - 2014-11-14 
開催地(和) 高知市文化プラザかるぽーと 
開催地(英) Kochi-City-Culture-Plaza CUL-PORT 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般 
テーマ(英) Network Quality, Network Measurement and Management, Network Virtualization, Network Service, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2014-11-ICM-CQ-NS-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 圧縮センシングを用いた多次元無線トモグラフィ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multi-Dimensional Wireless Tomography with Compressed Sensing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線トモグラフィ / Wireless Tomography  
キーワード(2)(和/英) 圧縮センシング / Compressed Sensing  
キーワード(3)(和/英) テンソル / Tensor  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 崇弘 / Takahiro Matsuda / マツダ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 晋介 / Shinsuke Hara / ハラ シンスケ
第2著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝沢 賢一 / Kenichi Takizawa / タキザワ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 文枝 / Fumie Ono / オノ フミエ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 龍 / Ryu Miura / ミウラ リュウ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-13 13:40:00 
発表時間 40 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-NS2014-132,IEICE-CQ2014-75,IEICE-ICM2014-23 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.297(NS), no.298(CQ), no.299(ICM) 
ページ範囲 pp.25-30(NS), pp.25-30(CQ), pp.43-48(ICM) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2014-11-06,IEICE-CQ-2014-11-06,IEICE-ICM-2014-11-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会