電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-13 13:50
C-RANフロントホール回線の伝送効率向上のためのベースバンド信号圧縮技術の検討
縣 亮難波 忍大石将之田中啓仁KDDI研)・丸田章博北山研一阪大OCS2014-86
抄録 (和) 基地局間での高度な協調動作を可能とする次世代基地局網アーキテクチャであるC-RAN (Centralized Radio Access Network) では,LTE (Long Term Evolution) 基地局を収容する光アクセス回線において,デジタル化されたI/Q信号を効率的に伝送するための技術が求められている.LTE信号の所要品質を維持しつつ,デジタル化されたI/Q信号を削減できれば,既設基地局を収容する光ファイバケーブルを増設することなくC-RAN構成へ移行できるため,品質の良い通信回線をエンドユーザに迅速に提供できる.本稿では,ダウンサンプリングと非線形量子化技術を組み合わせることで,LTE信号の所要品質を維持しつつ,デジタル化されたI/Q信号を50%削減できる新たなリアルタイムI/Qデータ圧縮法を提案するとともに,I/Qデータに対する圧縮率が,フロントホール回線における光伝送特性 (分散ペナルティ) やLTE無線信号品質に与える影響について評価したので報告する. 
(英) Centralized Radio Access Network (C-RAN) architecture has been considered as a promising solution to enhance the LTE signal quality. In this architecture, each antenna sites are connected to a central office by optical fibers which convey the digital I/Q data. This paper proposes a novel IQ data compression scheme which can achieve 50 % compression without severely degrading the LTE signal quality. The proposed compression scheme can be easily implemented by using both downsampling and nonlinear quantization techniques. In addition, the impact of the proposed scheme is investigated in C-RAN requiring 20-Gbit/s transmission rate. We confirmed that the proposed scheme was found to be indispensable for achieving 20-km transmissions with keeping the required LTE quality.
キーワード (和) C-RAN / フロントホール / データ圧縮 / 光アクセス / / / /  
(英) C-RAN / Fronthaul / Fata compression / Optical access / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 300, OCS2014-86, pp. 19-24, 2014年11月.
資料番号 OCS2014-86 
発行日 2014-11-06 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2014-86

研究会情報
研究会 ITE-BCT OCS OFT IEE-CMN  
開催期間 2014-11-13 - 2014-11-14 
開催地(和) NHK広島放送局 
開催地(英)  
テーマ(和) 放送システム、CATV、放送素材伝送システム、伝送路符号化、情報源符号化、HDTVおよびUHDTV、放送通信連携、光ファイバ配線敷設・保守運用技術、光ファイバ特性測定、光ファイバ特性解析、光ケーブル・光コード、各種用途光ファイバ、光増幅器・光中継装置、光/電気クロスコネクト・OADM、光/電気多重・分離、光送受信機、光端局装置、ディジタル信号処理・誤り訂正、光通信計測、データコム用光通信機器、光変復調方式、ディジタル信号処理アルゴリズム、コヒーレント光通信、光増幅・中継技術、非線形・偏波技術、空間・可視光伝送、量子通信・暗号化技術、空間分割多重(SDM)伝送技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2014-11-BCT-OCS-OFT-CMN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) C-RANフロントホール回線の伝送効率向上のためのベースバンド信号圧縮技術の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on the Baseband Signal Compression and Transmission Technologies for Enhancing Transfer Efficiency in C-RAN Fronthaul Link 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) C-RAN / C-RAN  
キーワード(2)(和/英) フロントホール / Fronthaul  
キーワード(3)(和/英) データ圧縮 / Fata compression  
キーワード(4)(和/英) 光アクセス / Optical access  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 縣 亮 / Akira Agata / アガタ アキラ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 難波 忍 / Shinobu Nanba / ナンバ シノブ
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大石 将之 / Masayuki Oishi / オオイシ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 啓仁 / Keiji Tanaka / タナカ ケイジ
第4著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 章博 / Akihiro Maruta / マルタ アキヒロ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 北山 研一 / Ken-ichi Kitayama / キタヤマ ケンイチ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-13 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2014-86 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.300 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2014-11-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会