お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-13 10:25
コンテンツ指向ネットワークにおける動的蟻コロニー最適化を用いた経路情報管理方式
馬目慎太郎朝香卓也首都大東京ICM2014-19
抄録 (和) IPアドレスに代わる新しいネットワークアーキテクチャとしてコンテンツ指向ネットワークが提案されている.
コンテンツ指向ネットワークでは,宛先IPアドレスに代わり,コンテンツの名称によってコンテンツ要求クエリのルーチングが行われる.
ネットワーク内には膨大な数のコンテンツが存在し,モバイル端末が保有しているコンテンツ資源も活用する.
コンテンツを持った端末が移動すると,コンテンツが移動したことを広告し全てのルーチングテーブルを書き換える.
しかし,経路表の書き換えが完了する前にコンテンツを取得しようとするとコンテンツが発見できないという問題がある.
また,コンテンツ指向ネットワークにおいて蟻コロニー最適化を用いた手法があるが,上記のようなコンテンツの移動に対応できていない.
そこでこの問題に対して,本稿では移動するコンテンツ自身がフェロモンを付加すことでコンテンツの移動に対応する経路情報管理方式を提案する.さらに,シミュレーションにより提案方式の有効性を確認する. 
(英) Content oriented networks are proposed as a new network architecture that does not rely on IP address.
Content queries are routed on content name itself instead of a destination address in content oriented networks.
A huge number of contents exists in the network and the contents of mobile device are used, also.
When a content of mobile device moves other place, all routing tables is re-created again with information of movement that mobile device sends.
On the other hand routing scheme using ant colony optimization has attracted attention. However there is a problem that can not cope with moving contents.
To solve this problem, we propose a method that can cope with moving contents by pheromone that are left by moving mobile device.
Moreover, we evaluate performance of proposed scheme by simulation.
キーワード (和) コンテンツ指向ネットワーク / 蟻コロニー最適化 / / / / / /  
(英) Content Oriented Network / Ant Colony Optimization / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 299, ICM2014-19, pp. 19-24, 2014年11月.
資料番号 ICM2014-19 
発行日 2014-11-06 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2014-19

研究会情報
研究会 ICM CQ NS NV  
開催期間 2014-11-13 - 2014-11-14 
開催地(和) 高知市文化プラザかるぽーと 
開催地(英) Kochi-City-Culture-Plaza CUL-PORT 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般 
テーマ(英) Network Quality, Network Measurement and Management, Network Virtualization, Network Service, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2014-11-ICM-CQ-NS-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コンテンツ指向ネットワークにおける動的蟻コロニー最適化を用いた経路情報管理方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Routing for Content Oriented Networks using Dynamic Ant Colony Optimization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンテンツ指向ネットワーク / Content Oriented Network  
キーワード(2)(和/英) 蟻コロニー最適化 / Ant Colony Optimization  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬目 慎太郎 / Shintaro Manome / マノメ シンタロウ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropoltan University (略称: Tokyo Metropoltan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 朝香 卓也 / Takuya Asaka / アサカ タクヤ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropoltan University (略称: Tokyo Metropoltan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-13 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2014-19 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.299 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2014-11-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会