電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-13 15:30
機能ユニットの使用頻度に基づくパイプラインステージ統合の管理機構
田中勇気中野秀洋宮内 新東京都市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,パイプライン段数を動的に変化させることで省電力化を図る,パイプラインステージ統合(PSU)の管理機構について考える.省電力化を実現するための効率的な制御を目的として,機能ユニットの使用頻度に基づくPSUの管理機構を提案する.スーパースカラ・シミュレータを用いた実験を行い,主に以下の関係を明らかにする:(1)プログラムの特性,(2)機能ユニットの使用頻度,(3)パイプライン段数,(4)消費電力.実験の結果から,省電力化を図るための最適な制御方法について議論する. 
(英) This paper shows a management scheme for Pipeline Stage Unification (PSU) which reduces energy consumption by dynamically managing the number of pipeline stages. For the purpose of achieving high power efficiency and reduces energy consumption, this paper proposes a management scheme for PSU based on frequency of use of functional units. The experiments using superscalar simulator are performed and the followings are analyzed: (1) program characteristics (2) frequency of use for functional units (3) number of pipeline stages (4) energy consumption. From the results of the experiments, the optimum management scheme for reducing energy consumption are discussed.
キーワード (和) パイプラインプロセッサ / 低消費電力 / パイプラインステージ統合 / スーパースカラ / / / /  
(英) Pipeline processor / Energy consumption / Pipeline stage unification / Super scalar / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 302, CPSY2014-60, pp. 37-42, 2014年11月.
資料番号 CPSY2014-60 
発行日 2014-11-06 (CPSY) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CPSY  
開催期間 2014-11-13 - 2014-11-14 
開催地(和) 広島大学 
開催地(英) Hiroshima University 
テーマ(和) クラウドコンピューティングおよび一般 
テーマ(英) Cloud Computing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2014-11-CPSY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 機能ユニットの使用頻度に基づくパイプラインステージ統合の管理機構 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Management Scheme for Pipeline Stage Unification Based on Frequency of Use for Functional Units 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パイプラインプロセッサ / Pipeline processor  
キーワード(2)(和/英) 低消費電力 / Energy consumption  
キーワード(3)(和/英) パイプラインステージ統合 / Pipeline stage unification  
キーワード(4)(和/英) スーパースカラ / Super scalar  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 勇気 / Yuki Tanaka / タナカ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 秀洋 / Hidehiro Nakano / ナカノ ヒデヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮内 新 / Arata Miyauchi / ミヤウチ アラタ
第3著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-13 15:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-CPSY2014-60 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.302 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CPSY-2014-11-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会